三国志 い


伊夷模  高句麗王


伊夷模(いいも)
高句麗の人(??~??)

高句麗王の伯固(はくこ)の子。

父が没すると、兄の抜奇(ばつき)は愚鈍だったため国人たちは共議し伊夷模を王位に据えた。
父の路線を受け継ぎしばしば遼東に侵攻し、公孫康(こうそんこう)らと争った。
王位を継げなかった抜奇は弟を憎み、公孫康に降伏し連携して伊夷模と戦った。劣勢の伊夷模は遷都を余儀なくされた。

伊夷模が没した時、嫡子がなかったため庶子の位宮(いきゅう)が後を継いだが、記述が乏しく伊夷模と位宮を同一人物とする説もある。



伊健妓妾  胡族三巨頭?


伊健妓妾(いけんぎしょう)
涼州盧水の人(??~??)

221年、涼州で伊健妓妾・治元多(ちげんた)・封賞(ほうしょう)が魏に反乱した。
「文帝紀」には伊健妓妾ではなく盧水(ろすい)という名が見えるが、「張既伝」に伊健妓妾は涼州盧水の人と記され、同一人物と思われる。

反乱を聞いた曹丕は張既(ちょうき)でなければ対処できないと考え、涼州刺史に交代させた。
張既は後詰めを待たずに強行軍で進撃し、その速さに胡族は神業と驚き後退した。
さらに張既は歩を緩めず兵を進め、胡族をおびき寄せると伏兵で叩き、大勝利を挙げた。

伊健妓妾らの消息は不明である。



伊声耆  倭の使者たち


伊声耆(いせいぎ)
倭の人(??~??)

223年、伊声耆、掖邪狗(ややこ)ら8人は魏に朝貢し官位を賜った。
卑弥呼の死後に掖邪狗ら20人が再び朝貢したが、すでに没していたのか、単に略されたのか、その際に伊声耆の名は見えない。



夷廖  張津の残党A


夷廖(いりょう)字は不明
出身地不明(??~??)

交州刺史の張津(ちょうしん)の配下。

張津が荊州刺史の劉表(りゅうひょう)と争い、配下に寝首をかかれた後も夷廖と銭博(せんはく)は勢力を保っていたが、交州刺史に着任した歩騭(ほしつ)によって駆逐された。

「薛綜伝」には簡潔にそう記されているが、「呂岱伝」では銭博は呉に降伏したとされ、やや矛盾している。



位居  夫余の重鎮


位居(いきょ)
夫余の人(??~??)

夫余の大使(重臣)。
夫余の単于(王)麻余(まよ)の甥(兄の子)。

麻余が単于になると、位居は高位につき、富を惜しまず人に施したため国人たちに慕われた。
魏の都にも朝貢の使者を毎年送ってよしみを通じ、正始年間(240~249)に毌丘倹(かんきゅうけん)が高句麗を討伐すると、兵糧を供出した。
末の叔父が魏への反乱を企てたが、位居はそれを察知すると叔父とその子を殺し、没収した財産を帳簿に記し、魏へ贈らせた。



壱与  卑弥呼の後継者


壱与(いよ)
倭の人(??~??)

倭の女王。

卑弥呼が没すると男性の王が立ったが、人々は従わず、国中で大乱が起こった。
そこで卑弥呼の親族の娘である壱与が13歳にして女王に立てられると、ようやく国情は落ち着いた。

新王が即位したと聞き、魏からは張政(ちょうせい)が遣わされ、指導を与えた。
壱与は重臣の掖邪狗(ややこ)に命じ張政を国許まで送り届けさせ、さらに魏の都へと朝貢させた。

三国志の記述はここまでだが「晋書」にも倭の女王が朝貢したことが記され、この女王も壱与のことと思われる。
だがこれを最後に日本国王の消息は途絶え、次に記録に現れるのは413年のことである。



依慮  夫余の王たち


依慮(いりょ)
夫余の人(??~??)

夫余の単于(王)たち。

尉仇台(いきゅうだい)が没すると簡位居(かんいきょ)が後を継ぎ単于となった。
尉仇台との関係は記されていないが、息子ならば公孫度(こうそんど)が一族の娘を尉仇台に嫁がせたとも記されており、簡位居の母の可能性がある。

簡位居が没すると嫡子が無かったため、重臣たちは協議し庶子の麻余(まよ)に後を継がせた。
麻余の甥(兄の子)の位居(いきょ)が信望を集め、魏へよしみを通じるなど大いに貢献した。

麻余も没すると6歳の子の依慮が後を継いだ。

ただし尉仇台~依慮の即位まで記述に混乱が見られると、ちくま版の訳者(今鷹真・小南一郎)は指摘している。



韋休甫  三休のあと二人


韋休甫(いきゅうほ)字が休甫か
司隷京兆郡の人(??~??)

後漢の兗州刺史に上った金尚(きんしょう)の字は元休(げんきゅう)と言い、同郷の韋休甫、第五文休(だいごぶんきゅう)と合わせ「三休」と並び称された。
しかしこの逸話以外に韋休甫と第五文休の消息は不明である。

なお一度見たら忘れられない名前の第五文休だが、第五はれっきとした姓であり、先祖が俸禄を受けた順番をそのまま姓にしたそうで、他に第二と第八も確認されているらしい。



韋昭  呉書の著者


韋昭(いしょう)字は弘嗣(こうし)
揚州丹陽郡雲陽の人(??~273)

呉の臣。韋曜(いよう)の別名も持つ。

文学的才能に恵まれ、皇太子の孫和(そんか)を補佐した際には、彼の嫌う博奕(双六)を批判する文書をものした。
孫亮(そんりょう)の代に「呉書」の編纂を始め、学問を愛する孫休(そんきゅう)にも側近に招聘されかけたが、実直な彼に悪事を糾弾されては敵わないと張布(ちょうふ)らが猛反対したため果たされなかった。

孫皓(そんこう)にも初めは重用されたが、孫皓が好んで集めた吉祥を、生真面目な韋昭は「単なるでっち上げ」と切り捨てたり、「呉書」に孫皓の父(孫和)の本紀(皇帝としての伝)を立てるよう命じられるも、皇太子なのだから伝を立てるべきと回答し恨まれた。
危険を察知した韋昭は仮病で官を辞そうとしたが、孫皓は医者と薬を贈り、それを許可しなかった。また下戸の韋昭に無理やり酒を飲ませては他人の陰口を無理強いしたため韋昭も辟易した。

273年、ついに投獄された。ともに「呉書」を編纂した親友の華覈(かかく)は必死に助命嘆願したが実らず、処刑された。
享年は不明だが嘆願文に70歳以上と記されている。

「呉書」の編纂は華覈が受け継ぐも彼も2年後に失脚し、薛瑩(せつえい)らが受け継いだと思われる。
陳寿は「正史」の執筆に際して「呉書」を大いに参考にした。それどころかほとんど丸写しの部分もあり、「正史」に呉の初代丞相の孫邵(そんしょう)ら重要人物の列伝が無いこと、伝によってはぶつ切りに終わっていることは、韋昭らの死によって「呉書」が完成しなかった影響だと考えられている。



韋端  韋康・韋誕を生んだドブガイ


韋端(いたん)字は不明
司隷京兆尹杜陵の人(??~??)

後漢の臣。

涼州牧を務めた。
子の韋康(いこう)、韋誕(いたん)はともに名高く、孔融(こうゆう)は「ドブガイが生んだ2つの真珠」と皮肉交じりに讃えた。(『荀彧伝』)

196年、関中で馬騰(ばとう)と韓遂(かんすい)が激しく争っていたため、曹操は司隷校尉の鍾繇(しょうよう)と涼州牧の韋端を派遣し、彼等を和解させた。(『馬超伝』)

曹操と袁紹が対立した頃、楊阜(ようふ)は韋端の使者として許都へ赴き、安定郡の長史に任じられた。帰還した楊阜は戦の趨勢を問われると、曹操が勝つと見立てた。
後に長史が肌に合わず楊阜は官を辞した。(『楊阜伝』)

韋端が太僕として都に召されると、世襲制ではないにも関わらず、子の韋康が涼州牧を継ぎ、人々に名誉であるともてはやされた。
だが212年、韋康は反乱した馬超により殺された。(『荀彧伝』)

韋康に召し出されて復帰していた楊阜は、密かに策謀を凝らして馬超を撃破し追放した。(『楊阜伝』)



韋誕  魏が誇る能書家


韋誕(いたん)字は仲将(ちゅうしょう)
司隷京兆尹杜陵の人(??~??)

魏の臣。
韋端(いたん)の次男。
馬超に殺された涼州刺史の韋康(いこう)は兄にあたる。

若い頃から声望高く、孔融(こうゆう)には「誠実で真心と人情があり、一門の主の風格がある」と讃えられ、兄とともに「ドブガイが生んだ2つの真珠」と呼ばれた。

建安年間(196~220)に上計吏となったのを皮切りに、重職を歴任した。
三国時代を代表する書家の一人で、特に草書を得手としたが、隷書も同時代の名手に数えられた。
魏王朝の所有する宝物の銘文は全て彼が記したといい、宮殿の扁額もしばしば書いている。
そのため太和年間(227~233)に武都太守に任じられたが、赴任せず侍中として都に留まった。

また印相を陳羣(ちんぐん)に学び、弟子の楊利(ようり)は特に名手として知られ、吉凶を占えば十中八九は的中した。
人物鑑定も良くし、王粲(おうさん)ら建安七子の欠点を一言で指摘してもいる。

「四体書勢」には地上60メートルのゴンドラに乗せられて扁額を書かされ、恐怖のあまり髪も髭も真っ白になり、子孫には書道を学ばせないよう遺言したという眉唾ものの逸話が描かれている。

生没年は(179~251)とwiki等に記されるが、75歳で没したという正史の記述と矛盾する。



尉仇台


未作成



育延


未作成



乙修


未作成



壱多雑


未作成



尹異


未作成



尹嘉


未作成



尹楷


未作成



尹胡


未作成



尹昌


未作成



尹世


未作成



尹斉


未作成



尹宗


未作成



尹大目


未作成



尹夫人  何晏の母


尹夫人(いんふじん)名は不明
出身地不明(??~??)

曹操の側室。
何晏(かあん)の母。(『曹真伝』)

曹操との間には曹矩(そうく)をもうけたが早逝した。(『范陽閔王矩伝』)

ちなみに何晏は曹操の娘の金郷公主(きんきょうこうしゅ)と義兄妹で結婚している。(『曹真伝』)



尹模


未作成



尹奉


未作成



尹礼


未作成



尹盧


未作成



殷観


未作成



殷基


未作成



殷巨


未作成



殷興


未作成



殷純


未作成



殷登


未作成



殷模


未作成



殷祐


未作成



殷礼


未作成



陰化


未作成



陰貴人


未作成



陰夔


未作成



陰脩


未作成



陰溥


未作成



隠蕃  魏の間者


隠蕃(いんばん)字は不明
青州の人(??~??)

魏の臣。

弁舌に長けたため、曹叡は呉に偽って投降し、内部から切り崩すように命じた。

230年、隠蕃は呉に投降し、巧みな弁舌ですぐに孫権に気に入られた。
人物評を聞かれた胡綜(こそう)は「誇大な構想は東方朔に、巧妙な詭弁は禰衡(でいこう)に似ていますが、才能はどちらにも及びません。ひとまずは膝下で小さな官職に就け様子を見ましょう」と答えた。孫権は隠蕃が司法を得意としたため廷尉監に任じた。

衛将軍の全琮(ぜんそう)や(『孫登伝』)、重臣の朱拠(しゅきょ)・郝普(かくふ)が隠蕃を「王者を補佐する才」と称賛したため声望を集め、人々はこぞって交際を求めた。
信頼を得た隠蕃は重臣たちの罪を厳しく取り調べ、彼等を離反するように仕向けた。(『孫登伝』・『胡綜伝』)

しかしついに魏の間者と発覚し捕らえられた。誰が謀叛に関与していたのか、拷問されても口を割らず、孫権は自ら引見し、なぜそこまで他人をかばうのか尋ねた。
隠蕃は「仲間は確かにいるが、烈士は死んでも他人を巻き添えにはしないのだ」と言い、秘密を守ったまま殺された。

隠蕃を特に支持した朱拠と郝普は罪に問われ、朱拠は長らく禁固刑を受けた。
孫権は郝普を「あなたは盛んに隠蕃を称賛し、不当に冷遇されていると朝廷に恨み言まで言った。隠蕃の罪はあなたに責任がある」と問責し、自害を命じた。(『胡綜伝』)

隠蕃が持てはやされていた頃、羊衜(ようどう)と楊迪(ようてき)だけは交際を拒んだ。
また潘濬(はんしゅん)は子の潘翥(はんしょ)が隠蕃に食料を援助していると聞き「投降者を助けるとは何事だ。速やかに私の使者のもとに出向いて百叩きの刑を受け、食料は返還させよ」と命じた。

人々はその態度をいぶかしんだが、陰謀が露見すると、先見の明に感服したという。(『孫休伝』・『潘濬伝』)

『胡綜伝』の註に引く「呉録」は、隠蕃ははじめから魏の策略により偽って投降したとするが、その他の記述は投降後に翻意し、謀叛を企んだようにも読める。
本項では魏の間者として記した。