三国志 お


王公仲


未作成



王広


未作成



王弘


未作成



王弘直


未作成



王宏  王弼の兄


王宏(おうこう)字は正宗(せいそう)
兗州山陽郡の人(??~??)

魏の臣。
王業(おうぎょう)の子。

司隷校尉に上った。
弟の王弼(おうひつ)は玄学の始祖に挙げられる。(『鍾会伝』)



王肱


未作成



王曠


未作成



王国  世の官吏の手本


王国(おうこく)字は不明
兗州東平郡の人(??~??)

魏の臣。

曹操は冀州を制圧すると、薛悌(せつてい)と王国を左右の長史に任じた。二人はともに中領軍に昇進し、忠節と事務に練達し、世の官吏の手本とされた。(『陳矯伝』)

韓遂(かんすい)らとともに反乱した涼州の賊徒に同姓同名がいるが別人である。



王渾  三国統一に大貢献


王渾(おうこん)字は玄沖(げんちゅう)
并州太原郡晋陽の人(223~297)

魏・晋の将。
父の王昶(おうちょう)は、王渾ら子や甥の名と字に「謙虚」を意味する言葉を選んだ。

父は魏の重職にあり、王渾も曹爽(そうそう)に仕えていたため彼の処刑時には官を失ったものの、すぐに召し出され司馬昭に重用された。
徐州、次いで豫州刺史となり呉方面の守備を担当した。
飢饉があれば国庫を開いて民に施し、敵にも広く恩寵を与えたため、王渾を慕い呉から寝返ってくる者が後を絶たなかったという。

呉の薛瑩(せつえい)、魯淑(ろしゅく)が十万と号した大軍で攻め寄せた時、州兵の多くが休暇をとっており、手勢しかいなかった。
だが王渾は州兵を召し返さず寡兵で不意をついて出撃し、呉軍をさんざんに打ち破った。
揚州の兵も任され呉方面の最高司令官となると、皖城を奪取し国境線に防衛陣を敷き、敵襲に備えるとともに来る呉への侵攻をにらみ敵地の偵察を繰り返した。

279年、ついに呉征伐が始まると、揚州刺史の応綽(おうしゃく)に命じ、東方面の全軍をもって出撃させ呉の丞相・張悌(ちょうてい)らを討ち取った。
だが王渾が呉の主力を引きつけ、地道に版図を広げて行くさなか、益州から長江を下り王濬(おうしゅん)が一気に呉の都に迫り、孫皓(そんこう)を降伏させてしまった。
王渾は王濬に足並みを揃えて進軍するよう要請したのを無視されての、抜け駆けによる美味しいとこ取りに激怒し、激しく非難した。
王濬は孫皓の身柄を王渾に引き渡したが、それで怒りが鎮まることはなく、長らく批判の矛を収めなかった。

その後は都に上り要職に就いた。
司馬攸(しばゆう)が匈奴の劉淵(りゅうえん)を討つべしと進言した時、劉淵と親交があったためそれに反対した。
しかし司馬攸が司馬炎の逆鱗に触れ都を出された時は、司馬攸を弁護しそれに反対した。子の王済(おうせい)は司馬炎の娘婿だったが、父とともに反対したため寵愛を失い、やがて王渾に先立ち没した。

司馬衷(しばちゅう)の代になると再び兵権を与えられようとしたが、当時は司徒を務めていたため「文官が一時の寵愛によって兵権を持った前例はない」と辞退し、その見識と謙虚さを讃えられた。
後に司馬瑋(しばい)が反乱すると、高名な王渾を味方に引き入れようとしたが、王渾はそれに応じず仮病で家に籠もり、私兵に外を固めさせ乱には関わらなかった。

297年、75歳で没した。
三国統一の元勲の一族として、彼の子孫は西晋で栄華を極めていくこととなる。



王渾


未作成



王才  何かの不法行為をした


王才(おうさい)字は不明
出身地不明(??~??)

魏の臣。

騎都尉を務めた。楽人の孟思(もうし)と結託してなんらかの不法行為を犯し、首都を揺り動かした。

杜恕(とじょ)が「王才と孟思の罪を告発したのは小役人だった」と大臣の怠慢を批判する際の例に挙げている。(『杜畿伝』)



王山


未作成



王賛


未作成



王士


未作成



王氏  曹芳の三番目の皇后


王皇后(おうこうごう)名は不明
出身地不明(??~??)

曹芳(そうほう)の三番目の皇后。
王夔(おうき)と田氏(でんし)の娘。

251年、曹芳は甄皇后(しん)を亡くすと、寵愛する王貴人を立后しようとしたが、郭太后(かく)の反対により、やむなく翌年に張皇后(ちょう)を立てた。

だが254年、張皇后の父の張緝(ちょうしゅう)が同郷の親友の李豊(りほう)と、魏の重鎮の夏侯玄(かこうげん)とともに司馬師の暗殺を企むも、計画は露見し一網打尽にされた。
張皇后は廃位され、代わって王貴人が皇后に立てられた。

しかし同年、曹芳は司馬師によって廃位された。
王皇后のその後は不明である。



王氏


未作成



王氏  孫皓に寵愛される


王氏(おうし)名は不明
出身地不明(??~270)

孫皓の左夫人。

270年、4代皇帝の孫皓は寵愛する王氏を亡くし、悲しみのあまり政務を放り出し数ヶ月の間、表に出なかった。
やがて孫皓の死亡説が流れ、孫権の五男の孫奮(そんふん)か、その従兄弟の孫奉(そんほう)が即位するという噂が流れた。(※「孫皓伝」では噂が流れたのは274年と記される)
それを聞いた孫皓は激怒し、孫奮と孫奉を殺した。(『孫策伝』・『孫奮伝』)



王氏


未作成



王始


未作成



王思  老醜を細かく描かれる


王思(おうし)字は不明
兗州済陰郡の人(??~??)

魏の臣。

貧しい出自だったが魏に仕え、梁習(りょうしゅう)とともに西曹令史に上った。ある時、王思の出した意見書が曹操の逆鱗に触れ、逮捕を命じられた。だが王思は留守にしており、代わりに出向いた梁習が捕らえられた。
王思は急報を聞くと馬を走らせ駆けつけて、罪は自分にあると処刑を願い出た。
曹操は梁習がかばい、王思が逃げなかったことに感心し「我が軍に二人も義士がいるとは知らなかった」と罪を許した。その後、王思を豫州刺史、梁習を并州刺史へ同時に抜擢した。
(※ただし裴松之は、親しくもない王思をかばい、もしそのまま処刑されれば梁習は無駄死にである、と辛辣に評している)

王思は細かいことにうるさい性格だが、法に明るく機転が利き、優れた人物には礼を尽くしたため評判を取った。
曹丕の代には同じく貧しい出自から昇進した薛悌(せつてい)・郤嘉(げきか)とほぼ同等の官位に上り「薛悌は混じり気があり、郤嘉と王思は混じり気なしの役人である」と評され、揃って関内侯に封じられた。(『梁習伝』)

曹叡の代に劉放(りゅうほう)・孫資(そんし)が権勢を振るい、誰もが交際を求めたが辛毗(しんぴ)は一切それに加わらなかった。それを子の辛敞(しんしょう)に批判されると「劉放・孫資と上手く行かなくても、せいぜい三公になれないだけだ。三公になりたいために節義を失う者がどこにいる」と叱りつけた。
この言葉が耳に入ったのだろう、後に畢軌(ひつき)が「王思は古参の精励なる官吏ですが、忠誠と計略では辛毗に及びません。尚書僕射は王思から辛毗に交代させるべきです」と上奏されると、劉放・孫資は「陛下が王思を用いるのは努力を買い、虚名に惑わされないからです。辛毗は誠実だが強情で妥協しません」と反対し、起用されなかった。(『辛毗伝』)
人々は報復した劉放・孫資を批判した。(『劉放伝』)

正始年間(240~249)には大司農に上った。
しかし老いて耄碌し、目もよく見えなくなったため猜疑心が強くなり、常に腹を立てていたが、部下にはなぜ怒っているのかさえわからなかった。
ある時、父が危篤になったため休暇を願い出た部下がいたが、王思は「妻に会いたくて、母親が病気と偽る者が多い」と疑い、許可しなかった。
翌日に父の訃報が届いたが、王思は気にもとめなかった。

またせっかちさも酷くなり、ある時、筆に蝿が止まり、何度追い払ってもしつこくまとわりつくことがあった。王思は筆を置いて立ち上がり蝿を追ったが上手く行かず、ついには筆を床に叩きつけるとそれを踏み潰したという。

一連の老醜ぶりから王思は「魏略」で「苛吏伝」に収録されている。(『梁習伝』)



王嗣


未作成



王柔


未作成



王脩


未作成



王粛  晋の成立に二重に貢献


王粛(おうしゅく)字は子雍(しよう)
徐州東海郡郯の人(195~256)

魏の臣。
王朗(おうろう)の子。父が会稽太守として赴任中に生まれ、28歳下の弟と、夭折したきょうだいが男女一人ずついる。

若い頃から聡明で、18歳の時に宋忠(そうちゅう)に易を学び注釈を施した。
父の威光もあり順調に出世を重ね、政治・軍事ともに重きを置かれた。

234年、献帝が没すると前王朝の皇帝であり、王の礼で葬ることになったが、諡をどうするか意見が分かれた。王粛は「帝」よりも軽い「皇」を推したが、曹叡(そうえい)は結局「孝献皇帝」と諡した。
ここでは聞き入れられなかったが、王粛は曹叡に問われ皇帝の心構えを説いたり、宮殿造営を批判したりと臆せず意見を吐いた。
曹爽(そうそう)が実権を握ると、それを公然と批判したため危険視され、理由をつけて免職された。

司馬師の代になると復職し、若い頃に学んだ易の才も示す。
ある時、武器庫の屋根に二匹の魚が現れ、吉凶いずれか意見が分かれた。王粛は辺境での変事だと読み、東関の戦いの敗北として的中した。
さらに254年、彗星が現れ、東南の動乱を予言した。
毌丘倹(かんきゅうけん)の乱として的中し、司馬師に対策を尋ねられると、関羽が呂蒙に敗れたのを例に上げ、反乱軍の家族を確保し、離反させるよう進言した。

256年、62歳で没した。
かつて名高い人相見である朱建平(しゅけんぺい)に「寿命は70歳を超え、官位は三公に上る」と占われており、王粛は重病にかかっても「予言した寿命も官位も実現していない」と余裕を見せたが、そのまま没してしまったといい、朱建平の予言が外れた稀有な例として挙げられている。

長男の王惲(おううん)が後を継いだが、早逝し跡継ぎもなかったため家名が断絶してしまった。
263年、王粛と王朗の功績を惜しみ、勅命で次男の王恂(おうじゅん)が後を継いだ。

他に娘の王元姫が司馬昭に嫁いでおり、後の晋の初代皇帝・司馬炎を生んでいる。
また王粛は孔子の著作「孔子家語」を偽造したとされるが、これは主流だった鄭玄(じょうげん)の礼制に基づいた、曹氏の帝位禅譲を否定し、司馬氏の帝位禅譲を正当化する狙いがあったと見られている。

行為の是非はともかく、初代皇帝の母を生み、禅譲を正当化させ、晋の成立に王粛が大きく貢献したのは確かである。



王恂


未作成



王雋


未作成



王儁


未作成



王承


未作成



王承


未作成



王昌


未作成



王松  劉放に帰順を勧められる


王松(おうしょう)字は不明
幽州漁陽郡の人?(??~??)

魏の臣。

同州出身の劉放(りゅうほう)は孝廉に推挙されたが戦乱が拡大すると、漁陽郡に勢力を持つ王松に身を寄せた。
200年、官渡の戦いに勝利した曹操が河北へ進出すると、劉放は帰順するよう王松に勧めた。後に曹操からも帰順の誘いが届き、劉放が書状を記し降伏した。
曹操は誘う前から説得していたと聞いて興味を抱き、劉放を登用した。(『劉放伝』)



王昭儀  曹幹の養母


王昭儀(おうしょうぎ)字が昭儀か
出身地不明(??~??)

曹操の側室。

「正史」には曹幹(そうかん)の母と記されるが、註に引く「魏略」によると生母は陳氏(ちんし)で、3歳の時に没したため、王昭儀が代わりに養育したという。

また曹幹の母は曹丕の後継者争いに貢献したため、曹丕は遺言で曹幹を厚遇するよう命じたといい、この母は「正史」に母と記される王昭儀のことと思われる。(『趙王幹伝』)



王祥


未作成



王商


未作成



王象  楊俊に救われる


王象(おうしょう)字は羲伯(ぎはく)
司隷河内郡の人(??~222)

魏の臣。

戦災孤児で奴隷として并州に売られ、17~8歳まで羊飼いをさせられた。主の目を盗んでは書物を読みあさり、見つかると鞭打たれていた。
楊俊(ようしゅん)は彼の才を見抜き、身柄を引き取ると妻と家を探してやり、立ち去ったという。

やがて并州刺史の梁習(りょうしゅう)に名が聞こえ、楊俊・荀緯(じゅんい)とともに曹操に仕えた。文学の才に優れる王象は曹丕に礼遇され、建安七子の亡き後には後進の中で最も評判が高かった。

220年、曹丕の代になると順調に昇進し列侯された。
詔勅により「皇覧」の著述を命じられ、多忙な職務と並行しながら、800余万の字数の大作を2年足らずで完成させた。人々は温厚かつ文才豊かな王象を「儒学の宗家」と称え、名文家として名高い衛覬(えいき)と並び称した。

222年、曹丕はかつて後継者争いの際に自分に敵対した楊俊を憎んでおり、些細な罪で自害を命じた。
曹丕とも親しい司馬懿、王象、荀緯らは平伏し、頭から血を流すほど助命嘆願したが、楊俊は罪を認め、自害した。

王象も悲憤から病に倒れ、間もなく没したという。



王照


未作成



王詳


未作成



王晨


未作成



王深


未作成



王遂


未作成



王崇


未作成



王生


未作成



王政


未作成



王晟


未作成



王済  王渾の性悪の子


王済(おうせい)字は武子(ぶし)
并州太原郡晋陽の人(??~??)

晋の臣。
王渾(おうこん)の子。

文武両道に優れ、姉婿の和嶠(かきょう)や裴楷(はいかい)と並び称され、司馬炎の娘婿となった。
侍中になると同僚の孔恂(こうじゅん)・王恂(おうじゅん)・楊済(ようせい)とともに将来を嘱望され、司馬炎は「私の左右は、恂恂済済である」と偶然ツーペアになった四人の名を並べて笑った。
昇進は早かったが義父の七光ではなく実力によるものと世間も認めた。

だが言葉遣いなど表面は典雅に飾るが性格は悪く、他人の陰口を好み、父子で揃って、呉討伐の際に抜け駆けした王濬(おうしゅん)を非難したため世評は衰えた。
また晋に降伏後の孫皓(そんこう)に司馬炎が「なぜ人の皮を剥いだりしたのだ」と尋ねた際に、孫皓は司馬炎とだらしない姿勢で囲碁を打っていた王済を見ながら「無礼者の面を剥いだだけだ」と答え、王済を慌てさせた逸話も有名である。

司馬攸(しばゆう)が失脚した時、親しかった王済は妻を連れて司馬炎に泣きついた。司馬炎は「私の一族の問題になぜ娘まで担ぎ出すのか」と激怒し、王済も左遷させた。
失明した妻や家人に暴力を振るい、縄で縛ったり鞭打ったりしたため従兄弟らにも非難され、遠方に引っ越す者もいた。妻との間に子はできなかった。
司馬炎は王済をどう叱ればいいか和嶠に相談した。和嶠は以前に王済に自慢の李の樹を切り倒された際の経験からか「罵倒しても彼には無意味でしょう」と言った。司馬炎は考えた末に「君は恥を知っているのか」と問責したが王済は「親(司馬炎)と親しくできないことを恥じています」と答え、司馬炎を黙らせた。

46歳で父の王渾より先に没した。
葬儀の時、親友の孫楚(そんそ)はロバの鳴き真似が上手く、王済がよく笑ったことをしのび、鳴き真似をした。
あまりにそっくりで周囲の者が笑うと、孫楚は振り返り「諸君が死なないから王済が死んだのだ」と激怒したという。

王粲(おうさん)が没した時に、親友の曹丕がやはりロバの鳴き真似を他の友人とともにしたという逸話と似ているが、曹丕は笑い者にならなかった(させなかった)。同じ性悪でもやはり曹丕のほうが格上である。



王靖


未作成



王羨


未作成



王潜


未作成



王選


未作成