韋晃  処刑か自害か



韋晃(いこう)字は不明
出身地不明(??~218)

後漢の臣。
218年、曹操の専横に憤り、遠征に出た隙をつき金禕(きんい)、耿紀(こうき)、吉本(きつほん)らとともに許都で蜂起した。
だが留守をあずかる王必(おうひつ)、厳匡(げんきょう)によって鎮圧され、一族郎党もろとも処刑された。
一説には頭を地面に打ちつけ自害したともされるがぶっちゃけどっちでもいい。

「吉川三国志」では自害説が採用され、自ら頭蓋骨を砕いて死んだ。