韋康  馬超に屈する



韋康(いこう)字は元将(げんしょう)
司隷京兆郡の人(??~212?)

魏の臣。荀彧(じゅんいく)に推挙され、孔融(こうゆう)には「底知れぬ才能が輝き渡り、度量大きく意志強く、世に優れた人材」と評され、弟とあわせて「ドブガイから採れた二つの真珠」と称えられた。

父の跡を継ぎ涼州刺史となった。楊阜(ようふ)、閻温(えんおん)を重用し、特に楊阜は都から召されそうになると自ら上奏してまで手元に留め置いた。

211年、潼関の戦いで敗れた馬超は閻温を破って上邽に逃げ帰ると、次第に勢力を取り戻した。
それに先立ち楊阜は曹操へ「馬超は必ず再起する」と忠告していたが、反乱が相次いでいたため曹操は都へ戻ってしまっていた。
翌212年には周囲のほとんどの県が馬超に寝返り、韋康らは残る冀城に籠城したが、馬超に包囲された。
閻温は城外へ脱出し救援を求めようとしたが、馬超に捕縛された。冀城へ援軍は来ないと伝えるよう命じられたが、閻温はそれを欺き城内の人々を励ましたため殺された。

8ヶ月にわたる包囲の末に、韋康は趙昴(ちょうこう)の反対を押し切り降伏した。
しかし韋康は馬超の援軍として来ていた張魯(ちょうろ)軍の楊昂(ようこう)によって郡太守らとともに殺された。

荀彧の推挙した人物の中で彼と厳象(げんしょう)だけが戦死し任を全うできなかったとされるが、両人とも刺史に上っており、荀彧の人物鑑定眼の確かさが示されている。

「演義」でもほぼ同様の事績が語られる。