アイコン
三 国 志

トップページに戻る

〇〇四   黄夫まさに死すべし





潁川(えいせん)

呂布
(りょふ)
陳宮
(ちんきゅう)

丁原の腹心

呂布の副将



「愚かなる官軍め、性懲りもなくやってきおったか。
我の力の前にひれ伏すがいい! 飛べ、炎よ!!」
張角
(ちょうかく)


「ウホホッ! 来たぞ、妖術使いだ!
かかれ呂布! あいつが獲物だ!」
丁原
(ていげん)


「HDKK+lkjajakakdskaalal@kl」
呂布
(りょふ)


「私の相手はあれだけですか? それなら私は一本の槍と一頭の馬を必要とするだけです。
それだけあれば十分です。あとは何も必要ないでしょう」
陳宮
(ちんきゅう)


『あ、兄者! なんだあいつは!? 炎をものともせずに向かってくるぞ!』
張宝&張梁
(ちょうほう&ちょうりょう)


「なんだと!? しかし我が奇蹟は火だけではない。うなれ突風よ! あいつを吹き飛ばせ!」
張角
(ちょうかく)


「al;dis+kksl;:::skdhsak」
呂布
(りょふ)


「これはとても涼しい風です。私はあなたにお礼を言いたいと考えます。ぜひそうしたいのです。
なぜなら風が欲しいと思っていたところだからです。マイアミのように暑い天気ですからね、今日は」
陳宮
(ちんきゅう)


「教祖様! 効いてない! 効いてないぞ!」
波才
(はさい)


「フハハハハハハ! 見たか呂布の恐ろしさを!
炎がどうした! 風がどうした! 吾輩らの敵ではないわ!」
董卓
(とうたく)


「な、ならば雷だ! 雪だ! 地震だ! 炎だ! 風だ!」
張角
(ちょうかく)


「ghkJJdl927cc;:]aaal」
呂布
(りょふ)


「私は槍を振ります。ただ振るだけです。それだけで全ての敵は倒れてしまうのです。
何も不思議なことはありません。私にとっては当然のことなのです」
陳宮
(ちんきゅう)


「うぎゃああああああああ!!!!!」
波才
(はさい)



潁川(えいせん) 近郊



『な、なんだったんだあいつは。官軍にあんな強いヤツがいるなんて聞いてないぞ!
我々があいつ一人にやられてしまうなんて……。
兄者ともはぐれてしまった……。みんな無事に逃げ延びただろうか』
張宝&張梁
(ちょうほう&ちょうりょう)


「よう、仲良く話してるところ悪ィな。邪魔するぜ」
孫堅
(そんけん)


『き、貴様は孫堅!? 逃げたはずの貴様がなぜここにいる!』
張宝&張梁
(ちょうほう&ちょうりょう)


「ちょっとずりィけど、逃げたふりして後方に潜んでてよ。
官軍の連中がやられてる隙に、おめえらを襲おうと思ってたんだ。
でも董卓軍が勝っちまったから、計画が台無しだ。
手ぶらじゃ帰れねえんで、おめえらの首をいただくぜ」
孫堅
(そんけん)


『わ、我々がそうたやすく敗れるわけが――ギャアアアアアアアッ!!!!!』
張宝&張梁
(ちょうほう&ちょうりょう)


「悪ィ悪ィ。くっちゃべってる間に、配下に包囲させてたんだ。
だから言ったろ? オレはずりィんだよ」
孫堅
(そんけん)



山中




「ひ、酷い目にあった……。だが我はくじけぬぞ。
この太平要術の書さえあれば、何度でもやり直せる。
奇蹟は常に我とともにあるのだ!」
張角
(ちょうかく)


「張角……。張角よ……」
南華老仙
(なんかろうせん)


「お、お前はあの時のジジイ! いいところで出会ったな!
もっとすごい妖術を教えてくれ! あの呂布とやらを倒せる妖術を!」
張角
(ちょうかく)


「だが忘れるな張角よ。
私利私欲で術を用いれば、必ずや報いが訪れるだろう」
南華老仙
(なんかろうせん)


「な、なんだ? あの時と同じことを……」
張角
(ちょうかく)


「だが忘れるな張角よ。
私利私欲で術を用いれば、必ずや報いが訪れるだろう」
南華老仙
(なんかろうせん)


「だが忘れるな張角よ。
私利私欲で術を用いれば、必ずや報いが訪れるだろう」
南華老仙
(なんかろうせん)


「だが忘れるな張角よ。
私利私欲で術を用いれば、必ずや報いが訪れるだろう」
南華老仙
(なんかろうせん)


「ジ、ジジイが分身した!? う、うわああああああああああ!!!!!」
張角
(ちょうかく)


「……太平要術の書は、返してもらうぞ。
やはり、人の子に渡すには千年ほど早すぎたようだ」
南華老仙
(なんかろうせん)






かくして張角の野望は潰えた。
だが乱世の芽は一つだけに留まらない。
新たな戦乱の予感が、都を包もうとしていた……。




〇〇五   魔王・董卓