アイコン
三 国 志

トップページに戻る

〇六七   五斗米道の地





漢中(かんちゅう) 南鄭(なんてい)城

張魯
(ちょうろ)
張衛
(ちょうえい)

五斗米道の師君

張魯の弟
楊任
(ようじん)
楊松
(ようしょう)
閻圃
(えんほ)

五斗米道の将

五斗米道の臣

張魯の参謀



「曹操軍が漢中の境を越えたか」
楊任
(ようじん)


「人の子は身の程知らずだな」
閻圃
(えんほ)


「漢中の土を踏んだからには一人として生きては返さぬ」
張衛
(ちょうえい)


「我らの妖かしの術の前に人の子は無力だ」
楊昂
(ようこう)


「だが油断はするな。馬超の監視につけていた楊白は術を破られたと聞く」
閻圃
(えんほ)


「劉備のもとには有象無象が集まっている。我らの眷属がいたとしても不思議ではあるまい」
張衛
(ちょうえい)


「しかし曹操は別だ。彼奴はあらゆる妖かしの業を遠ざけてきた。彼奴のもとに我らの眷属はいない」
楊昂
(ようこう)


「ならば恐れるに足るまい」
楊任
(ようじん)


「ケッケッケッ。五斗米道(ごとべいどう)に逆らったことを地獄で後悔させてやりましょう!」
楊松
(ようしょう)


「それじゃあね。手始めにね。楊昂と楊任が迎え撃つのね。
楊昂と楊任にね。この縦縞の布をかぶせるの。
それで3つ数えてさっと外すと縦縞の布が横縞になって、楊昂と楊任が前線に送り込まれちゃうわけ。
面白いでしょ? これ南鄭3丁目の肉屋の劉さんには好評だったのよ」
張魯
(ちょうろ)


「さすがは兄者だ!」
張衛
(ちょうえい)


「師君バンザーーイ!!」
楊松
(ようしょう)



長安(ちょうあん)

郭淮
(かくわい)

魏の将



「夏侯淵、韓遂(かんすい)を討ち果たし、ただいま帰還した!」
夏侯淵
(かこうえん)


「ご苦労様。これでようやく関中(かんちゅう)も平定したと言えそうだね」
曹操
(そうそう)


「ヒヒヒ。馬超、韓遂ら関中十部の諸侯は全て灰燼に帰した。
愚かにも我々に逆らうからこうなるのだ」
朱霊
(しゅれい)


「馬超はまだ劉備のもとでくすぶっているがな」
路招
(ろしょう)


「丞相、いや魏公の推薦してくださった郭淮が役に立ち申した。
関中の地理を熟知する彼がいなければ、もっと苦労したことでしょうな」
賈詡
(かく)


「わっはっはっ! 本官の力など微々たるものであります。
侯選殿や楊秋殿ら元・関中十部の方々にもずいぶんと助けられました」
郭淮
(かくわい)


「関中は我々にとっては故郷だからな」
侯選
(こうせん)


「お安いーーッ! 御用だーーッ!」
楊秋
(ようしゅう)


「この勢いで漢中を制圧し、さらに馬超や劉備を逮捕と行きましょう!」
郭淮
(かくわい)


「頼もしい限りだね。遠征帰りで疲れてるところ悪いんだけど、
このまま夏侯淵君や張郃君に漢中攻めの先鋒をお願いしたいんだが――。
そういえば張郃君はどこだい?」
曹操
(そうそう)


「神出鬼没の男だからな。どこかで我々の窮地を救うために潜んでいるのだろう。
――そうだ、忘れるところだった。殿に紹介したい男がいるんだ」
夏侯淵
(かこうえん)


「……韓遂の参謀を務めていた成公英です」
成公英
(せいこうえい)


「同じく、韓遂の護衛をしていた閻行だ」
閻行
(えんこう)


「二人は韓遂を見限って投降し、小生らに協力してくれた。
韓遂の潜伏先を突き止められたのも彼らのおかげだ」
賈詡
(かく)


「ふむ。僕は韓遂君とは旧知の仲だから、彼の考えはだいたいわかるつもりだ。
見限ったんじゃなくて、韓遂君に僕に降伏するよう命じられたんだろう?」
曹操
(そうそう)


「! ……そ、そのとおりです」
閻行
(えんこう)


「自分に代わりこれからの国の行く末を見届けるよう命じられました。
そのためには、曹操様に降るのが一番良いと」
成公英
(せいこうえい)


「国の行く末か。きっとそんな殊勝な心がけじゃないと思うよ。
彼は関中に、いや全土に乱の種を蒔いたんだ。
その種がどんな花を咲かせるのか、見届ける者が欲しかったんだろう」
曹操
(そうそう)


「……我々には、よくわかりません」
成公英
(せいこうえい)


「彼は馬騰君や馬超君に振り回されるだけの男ではないということさ。
――それじゃあ、二人は僕たちの遠征軍に加わってもらう。力を貸してくれたまえ」
曹操
(そうそう)


『はっ!!』
成公英
(せいこうえい)
閻行
(えんこう)



漢中 魏軍




「五斗米道とは張魯の父が興した教団じゃ。
信徒は布施の代わりに五斗の米を納めることで、張魯の庇護を得られる。
漢中の民のほとんどは信徒と言えるじゃろう」
鍾繇
(しょうよう)


「宗教でつながった連中か。家臣や民を含め上下の結束は堅いだろう。厄介だな」
劉曄
(りゅうよう)


「加えて漢中は険阻な土地で大軍は容易に進めぬ。
山や谷に部隊を分断されたところを、地理を熟知した敵兵が山猿のように襲い掛かってくるぞ」
鍾繇
(しょうよう)


「兵力で勝る益州軍も何度も撃退されたと聞いています。
攻め方を考えないといけませんな」
華歆
(かきん)


「とりあえず経験豊富な夏侯淵君らに正攻法で攻めさせてみた。
彼らが何か糸口をつかんできてくれるだろう」
曹操
(そうそう)


「……五斗米道に関しては妙な噂も聞いておる。
奴らは妖かしの術を用いるとな」
賈詡
(かく)


「妖術だなどとそんな馬鹿な話があるか!
賈詡殿ともあろう方が、そんな世迷言を口にされるとは」
王朗
(おうろう)


「いや、あながち嘘とは言えません。
この目で見たわけではないが、五斗米道には妖かしの術を用いる者が確かにいると聞きます」
成公英
(せいこうえい)


「見たわけではないのだろう? 単なる噂ではないか!」
王朗
(おうろう)


「まあまあ、落ち着きたまえ。もうじき夏侯淵君から連絡が来るよ。
それを待とうじゃないか」
曹操
(そうそう)


「か、夏侯淵将軍から急報を預かって参りました!」
路招
(ろしょう)


「さっそく来たな。どうした」
劉曄
(りゅうよう)


「も、申し上げます! 夏侯淵、張郃将軍は休息中に敵の奇襲を受け敗走しました!」
路招
(ろしょう)


「き、休息中に? いったいなんという体たらくだ!」
王朗
(おうろう)


「いや……様子がおかしい。詳しく話しなされ」
賈詡
(かく)


「将軍らは敵の先鋒を発見し、まず陣を張りました。
夜になると半数の兵を眠らせ、残りの半数に夜襲に警戒させました。
しかし……朝になると、兵が全員、眠りに落ちていたのです」
路招
(ろしょう)


「全員!?」
華歆
(かきん)


「全員です。敵の奇襲を受けようやく目を覚ましましたが、
反撃もままならず撤退するのが関の山でした。幸い、主だった将は無事に逃げ延びています」
路招
(ろしょう)


「……信じられない話だね。いくら彼らが遠征続きで疲れていたとはいえ、
全員が眠りこけるなんてことはありえない話だ」
曹操
(そうそう)


「妖術……だろうな」
劉曄
(りゅうよう)


「そんな馬鹿な!」
王朗
(おうろう)


「とにかくこれでは戦にならない。夏侯淵君たちに代わり、夏侯惇君を前線に出すんだ。
彼らが眠ってしまっても救援できるよう、すぐ後に于禁君の軍を続けさせたまえ」
曹操
(そうそう)


「は――――
路招
(ろしょう)



漢中 時の狭間

左慈
(さじ)

仙人



――――
路招
(ろしょう)


「…………うん?
これは……時間が止まっているのかな」
曹操
(そうそう)


「さすがは曹操。理解が早いな」
左慈
(さじ)


「君は誰だい? 時間を止めたのは君なのかな」
曹操
(そうそう)


「我が名は左慈。仙人をやっている」
左慈
(さじ)


「ほう。いろんな人材を見てきたが仙人に会うのは初めてだね」
曹操
(そうそう)


「苦労しているようだな曹操。手を貸してやろうか?」
左慈
(さじ)


「僕のために漢中の妖術師を打ち破ってくれると? どういう風の吹き回しだい」
曹操
(そうそう)


「簡単なことだ。奴らが気に入らんのだ。半人前の仙人気取りどもがな。
だが半人前でもお前たち人の子の手には余るだろう。だから手伝ってやる」
左慈
(さじ)


「それはそれは。君たちの世界のことはよくわからないけど、
五斗米道の諸君は、仙人ではないということかな。
仙人ではないのに妖術を操るから、仙人である君のしゃくに障ると」
曹操
(そうそう)


「そうだ」
左慈
(さじ)


「それはいいことを聞いた。だったら君の手を借りるまでもない」
曹操
(そうそう)


「なんだと?」
左慈
(さじ)


「五斗米道の諸君は仙人ではなく人間なのだろう?
仙人だったら打ち倒すのに骨が折れる。殺すのはもっと大変だ。
だが人間なら、仙人よりは楽に殺せる。死なない人間などいないのだからね」
曹操
(そうそう)


「…………なるほど、それがお前の考えか」
左慈
(さじ)


「だから君に用はない。帰りたまえ。
ああ、もちろんその前に止めた時間を戻していってもらえると助かるね」
曹操
(そうそう)


「……人の子にしては恐ろしい男だ。
ここでお前を殺しておかなければ、我らの災いになるやもな」
左慈
(さじ)


「それはどうも。
でも安心したまえ。僕の敵に回らない限りは手出しするつもりはないよ」
曹操
(そうそう)


「我らに殺されることは恐れぬのか?」
左慈
(さじ)


「時間を止められるなら、僕を殺すことなんていつでもできるだろう。
そうしないのは、殺せない理由があるからさ。
殺戒と言ったかな。仙人は人殺しをしたら神通力が失われるんじゃないのかい」
曹操
(そうそう)


「さあな。
だが人の子よ。我らは容易に殺せぬぞ。
百回刺されても死なぬ。火や水の中でも眠りにつける。寿命もない。
そんな我らをどうやって殺すつもりだ?」
左慈
(さじ)


「そうだね。とりあえずは百一回刺して、それから次の手を考えるとするよ」
曹操
(そうそう)


「……お前は人の身でありながら、我らに限りなく近い存在のようだ。
我が誘いを断ったことを後悔するなよ、曹操」
左慈
(さじ)


「あいにくと僕は今まで一度も後悔したことがないんだ」
曹操
(そうそう)



漢中 魏軍




――――ッ! すぐに連絡いたします」
路招
(ろしょう)


「ああ、頼んだよ」
曹操
(そうそう)


「それにしても、本当に相手が妖術師だとしたら手を焼くのう。
ワシらの側には妖術師はいないのじゃろう?」
鍾繇
(しょうよう)


「いるものか! もしいるのだったら頭を下げてでも力を貸して欲しいわ!
そうでしょう魏公!」
王朗
(おうろう)


「…………面目ないね、王朗君」
曹操
(そうそう)


「は?」
王朗
(おうろう)



漢中 張魯軍




「クックックッ……。私の催眠の術にかかれば曹操軍といえども赤子も同然よ」
楊昂
(ようこう)


「楊昂、次は俺にやらせろ!」
楊任
(ようじん)


「お前の術は集団向きではあるまい。次も私に――」
楊昂
(ようこう)


「待てい!」
??
(??)


「な、なに!?」
楊昂
(ようこう)


「怪しげな術を用い人心を惑わす者よ。
お前たちにも決して変えることのできない心があることを知れ!
人、それを『不屈』と呼ぶ」
??
(??)


「何者だ!」
楊任
(ようじん)


「お前たちに名乗る名はない!
喰らえ! バーストキィィ――」
張郃
(ちょうこう)


「瘟!!」
楊昂
(ようこう)


「zzzzzz……」
張郃
(ちょうこう)


「ふう……危ないところだった。
なんだこのヒーローもどきは?」
楊昂
(ようこう)


「たしか張郃とかいう奴じゃなかったか。口上を唱えてる間に結界を張られるとは間抜けな奴だ。
ちょうどいい、人質に使おうぜ」
楊任
(ようじん)


(張郃の馬鹿め! 説教している暇があったら不意打ちすればよかったものを)
朱霊
(しゅれい)


(いや、いい囮になった。
張郃に気を取られている隙に、この距離から……射抜く!!)
夏侯淵
(かこうえん)


「おっと危ねえ!」
楊任
(ようじん)


「なッ!? 俺の矢を叩き落としただと!?」
夏侯淵
(かこうえん)


「に、人間業ではない……」
路招
(ろしょう)


「はっはっはっ! 恐れいったか人の子よ!
これが俺様の能力の――」
楊任
(ようじん)


「ィィィィィック!!!」
張郃
(ちょうこう)


「ぎゃああああああ!!」
楊任
(ようじん)


「なにィ!?」
楊昂
(ようこう)


「はっ! お、俺はいったい……。
一瞬だが気を失っていたような……」
張郃
(ちょうこう)


「わ、私の術が破られただと? そ、そんな馬鹿な。
も、もう一度眠れい! 瘟!!」
楊昂
(ようこう)


「…………紙切れを投げつけてなんのつもりだ?」
張郃
(ちょうこう)


「な、なぜだ。なぜ呪符が効かぬ!?」
楊昂
(ようこう)


「張郃、伏せろ!!」
夏侯淵
(かこうえん)


「うげえええええ!!」
楊昂
(ようこう)


「おお、夏侯淵殿。そこにいたのか。
その距離から一発で仕留めるとは流石だな」
張郃
(ちょうこう)


「大将を討たれて敵兵は逃げ惑っておりますぞ!
待てええい! 全員逮捕だああっ!」
郭淮
(かくわい)


「……それにしても妙だな。彼奴らめ、急に妖術が使えなくなったようだ」
朱霊
(しゅれい)


「私のおかげだ、人の子よ」
左慈
(さじ)


「新手か!?」
張郃
(ちょうこう)


「そんなニセ仙人どもと一緒にされては困る。
曹操に伝えよ。これで貸しを作ってやった。見返りとして以後、我らに関わるなと」
左慈
(さじ)


「どういうことだ?」
夏侯淵
(かこうえん)


「我らは曹操が怖いのだよ。人の子でありながら、我らを殺し得る曹操が」
左慈
(さじ)


「おお……鶴に変化して飛び去ってしまった……」
路招
(ろしょう)


「よくわからんが、とにかく好機だ。
新手の妖術師が現れる前に、奴らの拠点を落とすぞ!」
夏侯淵
(かこうえん)



南鄭城




「た、大変でゲス! 楊昂と楊任が討ち取られ、陽平関(ようへいかん)が落とされました!」
楊松
(ようしょう)


「口ほどにもない連中だ。五斗米道の面汚しめ!」
張衛
(ちょうえい)


「とにかく戦況は悪いですね。陽平関の後には、この南鄭まで大した要害はありません。
曹操軍はたやすく迫ってくることでしょう」
閻圃
(えんほ)


「兄者、私を第二陣として送ってくれ。
本当の妖術というものを人の子らに教えてくれよう」
張衛
(ちょうえい)


「お待ちください。下等の使い手とはいえ楊昂らは人の子の手には余る妖術師でした。
彼らを殺したということは、曹操軍は我らの妖術を破るなんらかの手立てを得たということです。
妖術を破られれば、単純な膂力では人の子に敵いません」
閻圃
(えんほ)


「だったらどうするでゲスか!」
楊松
(ようしょう)


「簡単なことです。人の子の相手は人の子に任せればいい。
龐徳を使いましょう」
閻圃
(えんほ)


「龐徳? 馬超の副将を務めていた猛将か。なぜ漢中にいる?」
張衛
(ちょうえい)


「馬超が劉備に降伏した時、彼は重病で同行できなかったのです。
義理堅い人の子ですから、我らに恩を返すまでは漢中を離れられないと考えています。
今こそその恩を返させましょう」
閻圃
(えんほ)


「あのね。ここに銅貨があるのね。この銅貨を手の中に握り込んじゃうの。それで三つ数えて手を開くとね。
銅貨の裏の絵柄が表に、表の絵柄が裏に入れ替わって、君たちの背後に龐徳が現れるってわけ。
この銅貨すごいでしょ? 東急ハンズで50銭で売ってたのね」
張魯
(ちょうろ)


「ここは……察するところ、軍議場であるかな。
我が呼ばれたということは、曹操軍と戦えというわけか」
龐徳
(ほうとく)


「話が早いでゲス! わかったらさっさと曹操軍を迎え撃つでゲスよ!」
楊松
(ようしょう)


「受けた恩は返さなくてはならぬ。承ろう……」
龐徳
(ほうとく)



曹操軍




「前方の城を龐徳が守っているだと?」
華歆
(かきん)


「関中の戦いでは苦しめられた相手だな」
劉曄
(りゅうよう)


「なんの、率いているのが龐徳でも兵は五斗米道の弱兵だ。
一息に踏みつぶしてやれ!」
王朗
(おうろう)


「待たれよ。龐徳は重病のため馬超に同行できず、やむなく漢中に残っていた。
此度の出陣はその恩返しといったところだろう。五斗米道に帰依したわけではあるまい。
ならば無理に矛を交える必要はない。離間の策を用いて降伏させましょう」
賈詡
(かく)


「賈詡君の十八番だね。面白い、任せるからやってみたまえ」
曹操
(そうそう)


「はい」
賈詡
(かく)


「むう……復帰早々に計略を用いられるとはさすが賈詡殿だ。
おい華歆、お前も油断してはいられんぞ」
王朗
(おうろう)


「……どういうことだ」
華歆
(かきん)


「私は賈詡殿が復帰すればお前が軍師団から落選すると思っていたが、
今回は運のいいことに若僧の蒋済が落ちた。
ならば次は当落線上にいるお前が落ちるのが道理だろう?」
王朗
(おうろう)


「誰が落ちようと、それが私であろうと構わぬ。
私は与えられた役目を全力で尽くすまでだ」
華歆
(かきん)


「それに客観的に見て当落線上にいるのは王朗のほうだ」
劉曄
(りゅうよう)


「え? わ、わはははは。
これは劉曄殿、さすがに冗談がお上手ですなあ!」
王朗
(おうろう)


「くだらんことを話している場合か!
お前らも賈詡の手伝いをせい!」
鍾繇
(しょうよう)







かくして緒戦は曹操軍が制した。
そして人と仙人と妖術師の間で闘争が繰り広げられる中、
一人の剛直な武人が、己の武勇のみを頼りに曹操に挑もうとしていた。




〇六八   束の間の平穏