家別キャラ(東北~関東)

伊達家

伊達政宗 片倉景綱 伊達成実 伊達輝宗 鬼庭綱元 義姫


伊達実元 △
伊達輝宗の叔父。
兄の伊達晴宗と父の伊達稙宗との争いでは父に味方するも、晴宗の勝利後も重用された。
その後は伊達家の最長老として息子の伊達成実とともに活躍した。


留守政景 ×
伊達輝宗の弟。伊達家の重臣として活躍。関ヶ原では伊達家の総大将として上杉家を攻めるも、時勢を見極めるため積極的には戦わなかった。


片倉重長 ▲
片倉景綱の子。大坂夏の陣で後藤又兵衛を討ち取り「鬼の小十郎」と呼ばれる。
戦後には真田幸村の次男を「幸村の親戚の子」と偽って保護し、娘を「戦場で拾った」と偽り妻とした。
父にも劣らぬ名将で、美男子でもあり、小早川秀秋に付きまとわれたという。


遠藤基信 △
伊達家。中野宗時の謀叛を密告し伊達輝宗に取り立てられた。
以降は伊達家の外交を一手に担うほか、若い片倉景綱を抜擢した。
伊達輝宗が暗殺されるとそれに殉死した。


中野宗時 △
伊達家。筆頭家老として権勢を振るったが、謀叛を企み追われた。
家臣を失いどうにか脱出し、帰参を願い出たが許されないまま没した。


後藤信康 △
伊達家。黄色い母衣をまとい「黄後藤」と呼ばれた猛将。
辺境の城主を任されると「暇だから戦場に送ってくれ」と言った戦闘狂で、そのせいか一時、伊達家を追放されている。
なぜか「暇なのに戦場に送ってもらえなかった」とか「自慢の馬が戦場で使われなかった」ことに激怒し崖から身投げしたという伝説が残るが、実際は普通に畳の上で死んでいる。


原田宗時 ×
伊達家。18歳にして城主を任されるなど武勇をうたわれたが、朝鮮出兵で風土病にかかり29歳で没した。
後藤信康とはライバルであり親友。


支倉常長 ▲
伊達家。伊達政宗の命でスペイン、ローマへわたり国王らと交流し外交活動をした。
交渉は失敗し、帰国時には徳川政権下で日本は鎖国しており成果は挙げられなかった。
しかし日本人初の太平洋横断、欧州との直接交渉をしたことにより歴史の教科書には必ず登場する。


屋代景頼 △
伊達家。片倉景綱とともに伊達政宗の側近で、政宗が朝鮮出兵などで留守にしている間、9年にわたり伊達家を切り回した。
だが農民の処罰をめぐって政宗の怒りを買い追放され、帰参もかなわないまま没した。