家別キャラ(東北~関東)

上杉家

上杉謙信 上杉景勝 直江兼続 宇佐美定満 村上義清 鬼小島弥太郎

平野甚右衛門 △
はじめは信長に仕え、武勇に優れ前田利家、佐々成政らをさしおいて馬廻りの一番手とされた。信長からは「ちょっぽり(チビ)甚右衛門」と呼ばれたが素行が悪く追放された。
それを恨みに思ってか加賀一向一揆に参加し、織田軍と戦う。そこで戦死したとも、上杉家に渡り、上杉景虎のもとで戦死したとも伝わる。

北条高広 ▲
上杉家。姓は「きたじょう」で北条氏康らはまぎらわしいため発給文書には「喜多条」と書いた。
粗忽だが無双の勇士とうたわれ、武田、北条と相次いで内通するもそのたびに許された。
上杉家の家督争いでは上杉景虎に味方するも敗北。織田、北条ら多くの大名のもとを流浪し没した。

北条景広 ▲
北条高広の嫡子。「鬼弥五郎」と呼ばれるほど勇猛で、上杉家の家督争いでは上杉景虎に味方した。
上杉景勝は「景広さえ討てば景虎はどうとでもなる」と景広を暗殺させ、景虎軍は崩壊した。

上杉景虎 ◯
北条氏康の七男。出家していたが、北条家が武田家に対抗するため上杉家との同盟を進め、上杉謙信の姪を景虎にめとらせ、謙信の養子にさせた。
謙信が没すると義兄の上杉景勝と家督を争うも、次々と腹心を暗殺されて孤立し、最期は家臣の謀反によって自害した。

柿崎景家 ▲
上杉家の重臣で筆頭格。常に先鋒を務め川中島の戦いでは武田軍を壊滅寸前まで追い詰めた。
謙信の没後は上杉景虎を支持するが、抗争が激化する前に病死した。俗説では信長と内通したため切腹させられたとされる。
「信長の野望」では武力はトップクラスなものの知力は最低クラスに設定されがちだが、実際には上杉家の政治・外交まで取り仕切った教養高い人物だったという。

本庄繁長 ▲
上杉家。12歳にして父の仇を討つなど勇猛で「上杉家の鬼神」とうたわれた。
独立気運が高くたびたび独立を企んだが、上杉謙信には重用された。
謙信没後の家督争いでは上杉景勝に味方し勝利に貢献。関ヶ原では伊達政宗を相手に善戦した。
晩年は野心も消えたのか上杉家が改易された後も仕え続け、一門衆と同様の扱いを受けた。
wikiの画像がやけにかっこいい。

新発田重家 ▲
上杉家。前半生の事績が本庄繁長そっくり。
だが家中での扱いが軽いことに不満を抱き謀反を起こした。重家の武勇と地の利を活かした戦術でたびたび上杉軍を撃退し、反乱も7年続いたが、秀吉の後ろ盾を得た上杉景勝に攻められ、最期は自害した。

色部勝長 △
謙信の二代前から仕える上杉家の宿老。
武勇に優れた他、家中の争いを調停して回った。
一時反乱した本庄繁長と戦い戦死した。

上杉景信 ×
上杉謙信の叔父か。上杉家の一門衆の筆頭として重きを置かれた。
謙信没後には上杉景虎を支持し戦うも、山浦国清に討ち取られた。

山浦国清 △
上杉家。村上義清の子(孫?)で、武田軍に追われて上杉家を頼り、謙信の養女をめとった。
上杉家のナンバー2として各地を転戦し活躍したが、関ヶ原の前後に事績が見えなくなり、改易された上杉家を見切って出奔したともされる。

村上義清
北信濃の大名。武田家と戦い当初は優勢に進めるも、武田信玄の反攻にあい、上杉謙信を頼って落ち延びた。
その後は上杉家の家臣となり、川中島の戦いでは武田信繁を討ち取った。
息子(孫?)の山浦国清は上杉家のナンバー2にまで上り詰めた。


長尾政景 △
上杉謙信の義兄。妻は綾御前。上杉景勝は息子。
謙信の家督相続に不満を抱き反乱したが、敗れると以降は一門衆の筆頭として活躍した。
だが38歳で宇佐美定満とともに謎の溺死を遂げた。定満による道連れの暗殺とも言われる。

直江景綱 △
上杉家の宿老。主に政治・外交を担当したが武勲も少なくない。
没すると男子がなかったため婿養子が跡を継いだが、婿養子も間もなく亡くなり、その未亡人をめとり直江家を継いだのが直江兼続である。

斎藤朝信 △
上杉家。「越後の鍾馗」と呼ばれた猛将。
謙信には深く信頼され、柿崎景家とともに軍事・政治・外交面でも活躍した。
本能寺の変の後に隠居した。

須田満親 △
上杉家。父は村上家に仕えていたが、武田軍に敗れ上杉家に降った。
上杉景勝に信任され、直江兼続に次ぐ地位にあった。
だが上杉家が秀吉ににらまれ改易が囁かれる中、嫡子が不祥事を起こして追放され、上杉家の改易も現実のものになると責任を取り自害した。
一時期、真田家の人質として真田幸村を預かっていた。

上条政繁 ×
上杉家。上杉景勝の重臣で、子供のいない景勝に代わり、自分の孫を秀吉へ人質として送るなど信頼された。
だが須田満親が台頭すると不満を抱き、秀吉のもとへ出奔し、間もなく没した。

綾御前 ☆
上杉謙信の姉。上杉景勝の母。
実子のいない謙信は景勝を養子としたが、上杉景虎との後継者争いが起こると、景虎に娘が嫁いでいたためか綾は景虎に味方した。
戦後は景勝の庇護を受けた。