家別キャラ(北陸)

畠山家

畠山義続 △
能登の大名。家中の内部分裂を招いた責任を取り、隠居して息子の畠山義綱に家督を譲ったが、その後も権勢をふるった。
だが遊佐続光ら重臣に謀叛を起こされ息子ともども能登を追放され、六角家に落ち延びる。
上杉らの援護を得てたびたび能登奪回に動いたが、果たせぬまま息子と相次いで病死した。
有名な武田信玄の肖像画は、実は彼を描いたものだとする説がある。

畠山義慶 ×
畠山義綱の子。父と祖父が遊佐続光らに追放されると13歳にして傀儡の当主として擁立された。
が、数年後に急死。遊佐続光らに暗殺されたと思われる。

長連龍 ▲
畠山家。遊佐続光らの専横に対抗するため、父の命で信長に援軍を要請しに行くも、到着直前に父ら一族は遊佐続光によって皆殺しにされた。
出家していた連龍は還俗して織田家に仕え、遊佐続光らと激しく戦った。
その後は前田家の家老として代々仕えていく。

遊佐続光 △
畠山家の重臣。当主の畠山義続父子を追放し、跡を継がせた畠山義慶も暗殺、織田家に通じ台頭した長続連も殺し能登を牛耳った。
だが織田の大軍に攻められて降伏するも、信長は長一族を皆殺しにしたことを許さず処刑したとも、撤退中に長連龍に追撃され斬られたとも言われる。

温井景隆 ×
畠山家の重臣。遊佐続光とともに専横をきわめた。織田軍の侵攻からは無事に逃げ延び上杉家に仕えるも、前田利家と戦い戦死した。

神保家

神保長職 △
越中の大名。越中をほぼ統一するも上杉家に対して反抗・従属を繰り返した末に家中は長職の親上杉派と、息子の神保長住ら親織田派に分裂。
その隙をついて重臣の小島職鎮に家中を牛耳られ、神保長住は織田家に出奔、挙句の果てに長職は亡くなる寸前に親織田家に鞍替えと一気に国力を傾けた。
長職の死後、5年ももたずに神保家は上杉軍によって滅ぼされた。

神保長住 △
神保長職の嫡子。父と争い織田家に出奔した。
織田軍の越中侵攻の先鋒として地の利と人脈を活かし、旧神保家の勢力を次々と切り崩した。
だが上杉方の小島職鎮に敗北し、失脚。追放されその後は消息不明。

神保長城 ×
神保長職の次子。兄が出奔したため神保家を継いだ。
だが長職の晩年のご乱心で国力は傾いており、上杉軍によってあっけなく滅ぼされ消息を絶った。

神保氏張 △
神保家の庶流。妻は信長の姉。
血縁からか織田方(反上杉)についたため、晩年に親上杉派に転向した神保長職によって追放された。
その後は佐々成政に仕え越中侵攻で活躍。成政が肥後一揆を招いた責任を取り切腹すると家康に拾われた。

小島職鎮 ▲
神保家の宿老。上杉家への対応をめぐり家中が混乱した隙をつき勢力を強めた。
神保家に仕えたまま実質的に上杉家の家臣となり、越中を統括した。
一向一揆に攻められた際に援軍の到着を待たずに開城してしまい、援軍に大損害を与えたものの必死の弁解で無罪になったり、ヘタレと思いきや織田家の先鋒の神保長住を撃破したりと高い適応力を見せたが、老齢のため間もなく亡くなった。