家別キャラ(甲信~東海)

姉小路家

姉小路頼綱

姉小路頼綱 ▲
飛騨の大名。もともとは三木家だったが父とともに飛騨国司の姉小路家を乗っ取る。
武田・上杉の間を巧みに泳ぎつつ織田家にも通じ、上杉謙信が没すると混乱に乗じて息子や弟らと骨肉の争いの末に飛騨統一に成功した。
しかし間もなく後ろ盾にしていた柴田勝家が秀吉に敗れると幽閉され、失意のうちに没した。
ちなみに父は中納言、頼綱は大納言を自称したが、信長の前では空気を読んで信長より下位の中納言を名乗っている。
「信長の野望」シリーズでは全国最低クラスの国力と兵力を誇るが、斎藤家や織田家と婚姻しているのでなかなか滅亡しない。

今川家

今川義元 太原雪斎

今川氏真 ◎
今川義元の子。父が桶狭間で討たれると跡を継いだ。だが戦国で一、二を争う無能のため武田、徳川にじわじわと領地を奪われ、家康の「信玄を追っ払ったら駿河をあげるから」を信じて降伏した。
もちろん嘘だったがその後ものほほんと徳川家の禄を食み、父の仇のはずの信長に請われて蹴鞠を披露したりもした。
ちなみに蹴鞠の腕は日本トップクラスのファンタジスタで、大坂夏の陣直前まで生き長らえたし、ある意味で勝ち組かもしれない。

岡部元信 △
今川家の臣。義元が討たれてもなお抵抗を続け、後に武田家に降伏。家康軍と戦い敗死した。
若き日の家康の初陣は彼に兵糧を届けることだった。

朝比奈泰能 ×
今川家。太原雪斎に並ぶ重臣だった。桶狭間の戦いの3年前に病死したが、一部の史料で桶狭間に参戦しており、家中の動揺を抑えるため死を伏せられていた可能性があるとか。
また、武田家に駿河を落とされるまで存命しており、今川氏真らを逃がして自刃したという伝承もある。

朝比奈泰朝 △
今川家。朝比奈泰能の子。桶狭間では前線で戦っている間に今川義元が戦死し撤退した。
以降は徳川家康らが離反する中、今川氏真を支え続け、籠城戦では徳川軍の猛攻を5ヶ月に渡り跳ね返した。
氏真が伊豆へ追放された際にも同行し、上杉家などから援助を引き出そうとした。だが氏真が徳川家へ庇護を求めた際には姿が見えず、それ以前に亡くなったと思われる。

朝比奈信置 ▲
今川家。朝比奈家の分家筋。軍略に優れ、同じ駿河守の官位を持つ吉川元春・板垣信方と並び「戦国の三駿河」と呼ばれた。
今川家が滅亡すると武田家に仕え、信玄に「信」の字を与えられるなど、武田の重臣からも一目置かれた。
武田家が滅亡すると、信長の命で自刃した。伝承では山本勘助を今川家に推挙したが、受け入れられなかったという。

岡部元信 ▲
今川家。桶狭間の戦いでは今川義元の戦死後も籠城を続け、義元の首と引き換えに開城に応じた。ちなみにその帰り道に腹いせに織田方の城を一つ落としている。
今川家の滅亡後には武田家に降伏。前線を守るが徳川軍に攻められ、降伏を申し出るも許されず大久保彦左衛門と戦い討たれた。
その後すぐに兄(父?)の岡部正綱が徳川家に鞍替えしており、元信の最期は武田家に見捨てられたと思われる。

岡部正綱 △
今川→武田→徳川家。岡部元信の兄(父?)。
桶狭間で今川義元が討たれた後も今川家を支えたが、滅亡すると武田家に迎えられた。信玄は「一万の兵を得るのはたやすいが(正綱のような)将を一人得るのは難しい」と喜んだ。
その後は三方ヶ原の戦いなどで活躍するが、岡部元信の戦死を機に徳川家に仕え、武田家の家臣の切り崩しや、武田家の滅亡後には旧臣の登用に奔走する。
だがその際に連日酒宴を催したため、急性アルコール中毒で没したとされる。

寿桂尼 ▲
今川義元の母。聡明で夫の存命中から法制定に関わった。
夫が急死し跡を継いだ息子も幼かったため、元服するまで自らが今川家を切り回したため「女戦国大名」と呼ばれる。
その後、長男・次男が相次いで亡くなると出家していた今川義元を還俗させ、跡を継がせた。なお義元の代に今川家は京文化を取り入れているが、それは武田信玄と公家の娘の婚姻を仲介するなど、京と太いパイプを持つ寿桂尼の影響だという。
義元が戦死すると70過ぎの老齢ながら第一線に復帰し政務に関わった。今川家滅亡の前年に死去。その際には今川家を守るため鬼門の方角に葬るよう遺言したという。

飯尾連竜 △
今川家。桶狭間で今川義元が戦死し家中が動揺する中、妻にそそのかされて重臣を暗殺し、混乱に拍車をかけた。
徳川家に内通しようとするも露見し、今川軍に攻められる。籠城戦で次々と今川家の重臣を討ち取り、さらに戦力を減退させた末に和睦。だが今川氏真によって暗殺された。
伝承ではその後、妻が再び籠城戦を続けた末に戦死したという。

お田鶴 ×
今川家。飯尾連竜の妻。桶狭間で今川義元が戦死し家中が混乱する中、ライバルの井伊家の当主を毒殺させ、混乱に拍車を掛けた。
怒った今川軍に攻撃されると、大将を次々と討ち取りさらに今川家を傾けた挙句、いけしゃあしゃあと降伏したが飯尾連竜は今川氏真に暗殺された。
お田鶴は女城主となるが徳川軍と井伊家を継いだ井伊直虎に攻められ、世紀の女城主対決が実現したものの、敗れて自害した。
家康の妻(今川義元の姪でお田鶴とも旧知の仲か)はその死を惜しみ椿を手向けたため、椿姫の異名で様々な創作に登場する。

天野景貫 ×
今川家。桶狭間の敗戦後に今川家が衰退すると徳川家に鞍替えした。
しかし武田家に攻撃されると再び鞍替え。徳川軍の切り崩しに奔走した。
武田家も衰退すると北条家に逃れ、以降は消息を絶つ。


早川殿 ☆
北条氏康の娘。今川氏真に嫁ぐ。
今川家の没落後も生涯にわたり氏真に連れ添った。ちなみに武田・北条・今川の三国同盟で結婚した夫婦で唯一離別しなかった。