家別キャラ(甲信~東海)

武田家

武田信玄 武田勝頼 山県昌景 馬場信春 高坂昌信 内藤昌豊
山本勘助 飯富虎昌 望月出雲守 禰津信政 加藤段蔵

小笠原長時 ▲
北信濃の大名。村上義清とともに武田信玄と戦うも敗北。同族の三好長慶を頼り大坂へ逃れた。
足利義輝らを動かし外交的手段で返り咲きを図るも、果たせぬまま長慶が亡くなると、信玄と戦う上杉家を頼った。
その後は織田家に移り、北信濃攻略のための旗印として使われた後、蘆名家に軍師として迎えられ、その地で没した。

木曽義昌 ▲
北信濃の大名。武田家の侵攻に抗せず降伏。木曽は交通の要衝で守りも固かったことから、信玄は義昌に娘をめとらせ一族として従属させた。
だが次代の武田勝頼とはそりが合わず、義昌は信長と通じて反乱を起こし、武田滅亡の引き金となった。なおこの際に武田家に人質に出していた母と長男長女を殺されている。
間もなく信長が本能寺で死ぬと、混乱をついて北信濃を治めていた森長可の暗殺を企むも失敗。逆に次男を人質に取られ協力させられた。
その後は家康→秀吉と機を見て主家を鞍替えしていくも、秀吉の怒りを買って木曽を追われ、失意のうちに没した。

武田信豊 △
武田信繁(信玄の弟)の子。父が戦死すると跡を継ぎ、武田家の重臣となった。黒備えを率いたという。
だが長篠の戦いでは不利を悟るやいち早く撤退し、武田勝頼らの怒りを買った。
木曽義昌が織田家に寝返ると討伐を命じられたが敗北し、退却中に味方の裏切りに遭い自害した。

仁科盛信 △
武田信玄の五男。仁科家を継いだ。
上杉家との国境を守っていたが織田信忠軍5万に包囲される。降伏勧告を拒否し500の兵とともに全員討ち死にした。
領民には慕われ、現在も墓所には献花が絶えないという。

小山田信茂 △
武田信玄の従弟。長篠の戦いでは主力を率い、3分の1が戦死する奮闘を見せた。
だが信長が侵攻すると、武田勝頼を居城に招くと見せかけて裏切り、武田家滅亡の契機となった。
しかし信長は信茂に「不忠者」と激怒し息子ともども処刑させた。

穴山梅雪 △
武田信玄の従兄。
長篠の戦いではいち早く戦線放棄し、その後は織田家に内通し、武田家滅亡の危機から逃れた。
本能寺の変の際には徳川家康とともに京に招かれており、逃亡中に落ち武者狩りに襲われ殺された。
家康はその後どさくさにまぎれて武田家の旧領を手に入れており、邪魔になりかねない梅雪を暗殺したとも言われる。

武田義信 △
武田信玄の嫡子。傅役の飯富虎昌らが企んだ信玄暗殺に関与したとされ幽閉され、後に謎の死を遂げた。
義信は今川義元の娘をめとっており、義元の死後に今川領への侵攻を考えた信玄によって排除されたと考えられている。

武田信繁 ▲
武田信玄の弟。人格者で文武両道に優れ、武田家の副将格だった。
川中島の戦いで戦死すると信玄は号泣し、敵対する上杉謙信ですらその死を惜しんだという。
ちなみに真田幸村の本名・真田信繁は、武田信繁にちなんで付けられたものである。

武田信廉 ▲
武田信玄の弟。信玄に生き写しで影武者を務め、信玄が急死すると数年間、信玄を演じた。
だが軍才はなかったようで武田家滅亡に際し、たいした抵抗もできずに撤退。残党狩りで捕らえられ処刑された。
武将としては凡人だが、武士としては極めて珍しく書画の才に恵まれ多くの作品を残している。

飯富虎昌 ▲
武田家の宿老。「甲山の猛虎」とうたわれた猛将で無数の軍功を誇る。
だが信玄の嫡子・武田義信を擁して謀叛を企み、弟の山県昌景の密告によって露見し切腹させられた。
武田義信をかばって罪をかぶったとも、絶大な権力を持つ虎昌を信玄が煙たがったとも言われる。
虎昌の率いた赤備えは猛将の代名詞として山県昌景、井伊直政、真田幸村らに受け継がれた。

真田昌輝、真田信綱 △
真田昌幸の兄たち。勇猛だったが長篠の戦いで戦死し、真田家は三男の昌幸が後を継ぐ事になった。
昌輝は信玄に「我が両目」と評され、真田幸村の名「左衛門」は信綱にちなんで付けられたように、昌幸・信之・幸村らチート親子に隠れがちだが名将だった。

秋山信友 ×
武田家の重臣。多くの戦功を立てた。wikiの絵がかっこいい。
長篠の戦いの敗北後、最前線で織田軍の侵攻をはね返し続けた。
だが大軍に包囲されて観念し降伏。挨拶に出向いたところを信長によって捕らえられ処刑された。

葛山信貞 ×
武田信玄の六男。信濃の名家・葛山家を継ぐ。武田家滅亡に際し、兄の武田勝頼とともに自刃した。


おつやの方 ×
信長の叔母。男子に恵まれないまま夫が亡くなったため信長の五男・織田勝長を養子に迎え、幼い勝長に代わり当主となった。
しかし武田信玄が上洛を開始すると、おつやがそれに内応したため、上洛と見せて遠江の侵攻を考えていた信玄は一転して東美濃へ進撃した。
おつやは武田方の秋山信友と婚姻し、勝長は甲斐に送られたが、間もなく信玄が急死したため上洛は取りやめとなり、おつやは孤立した。
織田軍はおつやと秋山信友の籠もる城を包囲し、やむなくおつやは降伏。だが信友は挨拶に出向いたところを殺され、おつやも捕らえられ磔となった。(激怒した信長自らに斬られたともいう)
その後、勝長は武田家から返されたが、本能寺の変に際し兄・織田信忠とともに戦死している。

望月千代女 △
甲賀忍者53家の筆頭・望月家の当主。同族で武田信玄の甥・望月氏に嫁いだ。
夫が川中島の戦いで討ち死にすると、くのいちの頭領となり、身寄りのない少女を数百人集めて歩き巫女(巫女として全国を放浪し情報収集するくのいち。お色気忍法を使う)を養育した。