家別キャラ(甲信~東海)

徳川家

徳川家康 松平元康 酒井忠次 石川数正 本多忠勝 本多正信
奥平信昌 鳥居元忠 初代服部半蔵 服部半蔵 板垣信方 板倉勝重

井伊直政 ◯
家康の重臣。文武両道に優れた徳川四天王の一人。関ヶ原の戦いで家康の四男・松平忠吉をかばい負傷。それがもとで没した。

井伊直虎 ×
「女地頭」と呼ばれた女性当主。井伊直政のはとこに当たる。
兄弟に男子がいなかったため井伊直親を婿養子に迎える予定だったが、直親は謀叛の疑いを掛けられ逃亡している間に正室を迎えてしまい、婚期を逸した。
そして父や一族の男子が次々と亡くなっていくと、直虎を名乗り井伊家の家督を継いだ。
やがて徳川家に従属するようになり、直親の遺児の井伊直政を養子に迎える。生涯未婚のまま没すると、直政が井伊家を継いだ。

池田輝政 ◯
池田恒興の次男。小牧・長久手の戦いで父と兄を失い家督を継いだ。
非常に寡黙だが勇猛で、秀吉からは豊臣姓を許されるほど信任されたが、秀吉が没するとすかさず家康に通じた。関ヶ原の前哨戦では大垣城に一番乗りするも、福島正則と言い争いになるやあっさり一番乗りを譲るなど、空気を読むのに長けた。
家康からも娘をめとるなど厚遇され、姫路を任されるや行政手腕を発揮し「姫路宰相」「西国将軍」とうたわれた。
しかしその妻には頭が上がらなかったようで、親の七光りとあざけられたのを自ら認めている。

以心崇伝 ◯
黒衣の宰相と呼ばれた家康の懐刀。徳川幕府の政策に深く関わった。
同じ坊主つながりでもっと得体のしれない南光坊天海の影に隠れがち。

大久保長安 ▲
猿楽師だったが武田信玄に見出され金山の採掘や土地開発を任された。
武田家の滅亡後は家康の奉行となり、全国の金山や関東の開発を任され、実質的に徳川家ナンバーワンとなる絶大な権力を持った。
だがその死後、私腹を肥やしていたとされ遺体を掘り起こされて斬首。息子は皆殺しとなり親しかった大名も連座処分となった。
しかし贅沢三昧はしていたものの不正の証拠はほとんどなく、本多正純らライバルの暗躍で濡れ衣を着せられたという説もある。前半生にも謎が多く、創作で便利に使われがちな人物である。

大久保彦左衛門 ◯
家康の腹心。身分はさほど高くないが家康にもずけずけ物を言える天下のご意見番として有名。

奥平信昌 ◯
武田家→徳川家の臣。家康の娘婿。長篠の戦いで城を死守し信長に「信」の字を与えられた。

奥平亀 △
徳川家康の長女。信長の命で奥平信昌に嫁いだ。
奥平家と、娘が嫁ぎ懇意にしていた大久保家が改易となると、それを本多正純の謀略と思った亀は報復を考え、弟の徳川秀忠に正純が暗殺を企んでいると吹き込んだ。世に言う「宇都宮釣り天井事件」である。
事件の真偽も亀が黒幕かも不明だが、正純は間もなく改易→追放となった。
奥平家が改易になった際には、屋敷から私物はもちろん畳やふすま、さらには植木まで残らず持ち去ろうとしたり、創作では長篠の戦いに際し夫を助け武田軍の猛攻を防いだりと、気丈な逸話が多い。

茶屋四郎次郎 ▲
商人。若い頃から家康に仕え三方ヶ原の戦いにも参陣した。本能寺の変の際、堺にいた家康は窮地に陥ったが、茶屋が物資や人手を集め無事に脱出させた。
息子と孫も同じ名を受け継いでおり、事績が混同されがち。

藤堂高虎 ◯
はじめは浅井長政に仕える。生涯で主君を変えること8度、豊臣秀長のもとで落ち着くも秀長、秀吉が没するとすかさず家康に接近したため梟雄とされがち。
だが家康からは死に際し枕元に呼ばれるほど信頼され、戦では常に敵主力の相手を任され、先陣は譜代は井伊、外様は藤堂と決められるほどだった。
築城の名手としても知られる他、全身にくまなく銃創、刀傷を受け両手の指も数本失っている猛将でもある。


徳川秀忠 ◎
家康の三男で二代将軍。何かと地味な印象だが、遺骨から複数の銃創が見つかり、流れ弾をものともせず最前線で指揮を執る勇将だったことが伺える。

富田信高(の妻) △
秀吉の家臣。関ヶ原の戦いに際し石田三成との不和から東軍に属した。
領地の伊勢に戻り3万の西軍に対し2千足らずの兵で迎え撃つも大敗。信高は敵中に包囲されたが、美少年の若武者に救けられる。一息つ
いてよくよく見るとそれは妻であった。逸話だけ見ればたぶん戦国最強の女である。
結局、信高は降伏するも戦後に家康に評価され十万石の大名にのぼった。
後に大久保長安事件に連座し改易されるも、息子らは徳川家の旗本として家名を保った。

鳥居強右衛門 △
奥平信昌の臣。城を抜け出して信長に援軍を求めるも、帰りに武田家に捕らえられた。三国志の閻温がモデル。

南光坊天海 ◎
家康の腹心。前半生が謎に包まれ、明智光秀の後の姿ともされる。
徳川幕府の政策や軍略に深く関わり、百歳以上の長寿を得た。

本多重次(作左衛門) △
徳川家の重臣。武勇に優れ「鬼作左」と呼ばれ、戦闘で片手片目を失っていた。
妻にあてた「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」の手紙は戦国一短い名文として有名。
他にも家康が法律を立て札に書かせ領民に知らせた際、それを読んだ重次は「こんな堅苦しい文章で通じるものか」と怒り、自ら平易な
文に直すと「以上のことを守らないと作左が叱る」と書き加えたという。

本多正純 ◯
家康の軍師。父・本多正信の跡を継いだ。だが家康の死後、将軍暗殺を企んだとして軟禁された。

水野勝成 ◎
徳川家の重臣。本願寺光佐の甥。徳川秀忠の乳兄弟。
「鬼日向」と呼ばれるほど勇猛で森長可ら多くの名のある将を討ち取った。
だが素行が悪く、父にそれをチクられたことに激怒して密告者を殺し、勘当された。
その後は無頼漢として各地を放浪し、仙石秀久、豊臣秀吉、佐々成政、小西行長、黒田如水と主君を次々と変え、行く先々で小者を無礼討ちしたり、下女に子供を産ませたりしては出奔した。
やがて家康の仲介で15年ぶりに父と和解するも、直後に父を暗殺され、水野家の家督を継いだ。
関ケ原、大坂夏の陣で大功を立てるも、家康の忠告を無視して自ら槍をふるい戦ったため、大した加増は受けられなかった。
だが家康が没すると秀忠に、西国に睨みを利かすため福山に十万石と巨城を与えられた。政治家としての才略も見せ実質、三倍の石高に匹敵する治績を上げた。
ちなみに日向守の役職は明智光秀の謀叛以来、誰も継ぐものが無かったが、自らそれを望んだり、宮本武蔵を召し抱えたりと大名になってからも無頼漢の気は抜けていない。

柳生宗矩 ◎
柳生石舟斎(宗厳)の子。父が脱税(のようなもの)で失脚したため浪人となったが、徳川秀忠の剣術指南役となって出世。一介の剣士から大名となった史上唯一の男。
夏の陣では秀忠の陣が崩され、宗矩と秀忠だけが残されたが、宗矩が7人を瞬殺し窮地を救った。
戦国最強をうたわれるが、自身は「活人剣(万の人を救うためあえて一人の悪人を殺すなら剣術は単なる殺人の手段ではない)」を唱え、殺したのはその7人きり。剣術を武道に昇華させた、武道の祖といって過言ではない。

結城秀康 ▲
家康の次男。勇猛だったが父に疎まれ養子に出された。


徳川頼宣 ◯
家康の十男。覇気に富み、家康には格別に目をかけられた。
14歳にして大坂夏の陣に参加。年若いため周囲の者は無理をせずまたの機会に功を立てよと諌めたが、頼宣は「14歳の時が二度あるのか」と激怒し家康を感嘆させた。
その後は徳川秀忠が「家康が目をかけた弟だろうと容赦しない」と見せつけるために紀伊へ転封となり当地の発展に尽くした。
由井正雪の乱が起こると関与を疑われたが「他家の大名が関与していたら大騒動だが、私が反乱を起こすはずがない。容疑者が私で良かったではないか」と堂々と釈明した。
徳川家の長老格で、泰平の世にはそぐわない戦国武将の気質のため幕府からは煙たがられ、領地に帰さず江戸城に長年にわたり留め置かれたという。

松平信康 ▲
徳川家康の長男。織田信長の命令により母とともに切腹させられた。
信長の暗殺を企んだとも、家康と不仲だったとも言われ理由は判然としない。

菅沼定盈 ▲
今川→徳川家。桶狭間の戦い後に徳川家へ鞍替え。居城は徳川・今川・武田の三ヶ国の中心に位置したため今川・武田にたびたび奪われ、自身も武田軍の捕虜にされたこともある。
しかし何度窮地に陥っても徳川家への忠義を失わなかったことを高く評価され、最終的には2万石を与えられ、関ヶ原に際しては江戸城の留守居役を任され、徳川二十八神将にも名を連ねた。

大久保忠世 ▲
徳川十六神将。弟に大久保忠佐と大久保彦左衛門。
分家筋だが勇猛な忠世の活躍で本家をしのぐ地位に成り上がった。
長篠の戦いでは信長に「まるで良き膏薬のように敵に貼り付いて離れない」と信長らしい「膏薬侍」なるあだ名を与えられた。
また人格者であり、一時出奔した本多正信の帰参を図ったり、血気にはやる井伊直政をたしなめたという。

大久保忠隣 ▲
大久保忠世の長子。父に劣らず勇猛で、三方ヶ原の戦いや伊賀越えでは体を張って家康を守った。
徳川秀忠の家老になるが、関ヶ原では真田昌幸への攻撃を主張したため本戦に間に合わなかった。
その後、家康の後継者に結城秀康を推し、文官派の筆頭でもある本多正信・正純と、武官派の筆頭格だった忠隣が対立。
本多父子の暗躍によってか、忠隣は突如として改易を命じられ、失脚したまま没した。死後、忠隣や父・忠世らの軍功をかんがみ、子供らは帰参が許された。

平岩親吉 ▲
徳川十六神将。家康の人質時代からの重臣。松平信康(家康の長男)が信長に切腹を命じられると傅役の親吉は「代わりに私の首を差し出してくれ」と申し出たといい、信康の死後も家康の信頼は揺るがず、子供のいない親吉に自分の八男を養子に与えるほどだった。
誠実な人柄で知られる一方で、加藤清正の暗殺に関与(遅効性の毒を仕込んだ饅頭を親吉が先に食べ、清正を安心させた。清正の死後、間もなく親吉も死亡し、この逸話は歌舞伎の演目になっている)したとも言われる。

渡辺守綱 △
徳川十六神将。家康とは同い年で槍に優れ「槍の半蔵」と呼ばれた。
しかし熱心な一向宗徒だったため三河一向一揆では、家康と戦った。戦後、帰参するとあらゆる戦で先鋒を務めた。
大坂冬の陣では徳川義直(家康の九男)を補佐し74歳で出陣。家康の死の4年後に没した。

高力清長 ▲
徳川家。家康の人質時代からの重臣。軍事はもちろん政治手腕に優れ、奉行を務めると寛大な性格から「仏の高力」と呼ばれた。
その後も家康の一の側近で、本能寺の変に際しては伊賀越えで家康をかばい銃創を受けた。
小牧・長久手の戦い後に秀吉のもとへ使者として赴くと大いに気に入られ、豊臣姓を与えられるほどだった。
並外れて正直かつ誠実な人柄で、軍船を建造した際には余ったわずかな金を返却し、かえって家康に褒美として与えられたという。

天野康景 ▲
徳川家。高力清長とともに家康の人質時代からの重臣。同じ奉行を務めた高力は「仏」、本多重次は「鬼」、康景は「公平」と評された。
甲賀忍者の統率、江戸町奉行と多方面に渡り活躍したが、配下の足軽が徳川領の材木泥棒を成敗し、本多正純に「公儀にあだなすことを勝手にするな」と言われたことに激怒し、地位を捨てて出奔した。
康景はそのまま出家し、帰参しないまま没したが、息子は許されて旗本となったという。
足軽をかばい、己の信念に従った、まさに「公平」を重んじた男の晩年だった。

安藤直次 ▲
徳川家。武勇に優れ小牧・長久手の戦いで池田勝入、森長可を討ち取った。
誠実な人柄で信頼され、年を重ねると政治でも頭角を現し、老中を16年にわたり務めた。
一方で大坂夏の陣では61歳にして参謀・諸大名の統率・徳川頼宣(家康の十男)の副将を任じられた。
乱戦の中で息子が討ち死にしたが、遺体を収容しようとする家臣を引き止め「犬にでも食わせろ」と一顧だにせず采配を振るったという。

成瀬正成 ▲
徳川家。家康に小姓として仕え、17歳にして根来鉄砲隊を任された。
秀吉の目にも止まり5万石で招かれたが、家康への忠誠厚く「それ以上言うなら切腹する」と涙ながらに固辞したという。
鉄砲隊・堺奉行・老中・徳川義直(家康の九男)の傅役と要職を歴任した。(大坂の陣では安藤直次と同等の役割をこなし、この二人は事績も職歴も非常に似ている)
大坂冬の陣で豊臣家の裏をかいて全ての堀を埋め立て大坂城を無力化させたり、臨終の床で「家康の眠る日光に行きたい」と言い、家臣が布団を担ぎ「日光に向かう駕籠の中です」と偽った逸話も有名。

松平忠吉 ◎
家康の五男。美男子かつ勇猛で器も大きかったという。
関ヶ原の戦いでは初陣にして義父の井伊直政とともに抜け駆けし、福島正則を出し抜いて先陣を切った。
だが島津豊久を討ち取るものの、井伊直政ともども負傷し、その傷が元で直政は2年後、忠吉も7年後に28歳の若さで没した。

松平忠直 ◯
結城秀康の長男。叔父の徳川秀忠に気に入られ、その娘をめとり、越前を統治した。
大坂冬の陣で用兵ミスを祖父の家康に責められたことに発奮し、夏の陣では玉砕覚悟の突撃を敢行。「命知らずの越前兵」とうたわれるほどで、真田幸村をも討ち取った。
しかし戦後の論功行賞で不満を抱いてやさぐれ、ついには妻の暗殺まで企んだため隠居を命じられた。

徳川義直 ▲
家康の九男。儒教を重んじ剛直な人柄で、甥の将軍・徳川家光にも直言をはばからなかったため煙たがられた。
長じると自ら政務を取り仕切り、今日の名古屋や東海地方の発展は義直なくしてありえなかったとまで言われる。
一方で書物を収集し、しかもそれを死蔵することなく公開し日本初の図書館を造ったり、剣術では柳生新陰流の4世に任じられている。
また家光が危篤になると大軍を率いて上京し、すわ反乱かと驚かせたが、義直は「将軍逝去で万一のことがあった時には江戸を守る」と言うなど、非常に現代的な発想を持っていたが、それゆえに周囲の人間からは誤解されることも多かったという。

阿部正次 ×
徳川家。父の阿部正勝は家康の人質時代からの側近。
大坂夏の陣で家康の意向を図りかね、誰もが大坂城への突入を躊躇する中、真っ先に城内へ進入し、一番首を挙げたため戦功第一とされた。
その後は大坂城代となり、没するまで務め上げた。

本多忠政 △
本多忠勝の嫡子(三男)。稲姫の弟で、その夫の真田信之とは懇意だった。
関ヶ原では徳川秀忠の下につき、真田昌幸に道を阻まれたため本戦に間に合わなかった。
大坂夏の陣では毛利勝永に敗れたものの多くの首級を奪った。
だが父の死後、遺産相続をめぐり弟の本多忠朝と対立。相続は認められたものの家康に「黙って受け入れた弟のほうが忠勝に似ているな」と皮肉られたという。

本多忠朝 ▲
本多忠勝の次子(四男)。
父が死ぬと遺産のほとんどを兄に奪われたが、かえって武骨な忠勝に似ていると家康には讃えられた。
だが大坂冬の陣では泥酔したところを襲撃され敗走。汚名返上のため夏の陣で毛利勝永に突撃を仕掛け、討ち死にした。
その際には「我が墓を訪れる者は酒嫌いになるべし」と言い遺し、現在は禁酒の神様として参拝客が絶えないという。


堀尾吉晴 △
豊臣→徳川家。父は岩倉織田家の重臣だったが信長によって滅ぼされたため、吉晴は秀吉に仕えた。
秀吉のもとで着々と出世を重ね、小田原征伐の後には関東に転封になった家康の旧領・遠江に12万石を与えられた。
関ヶ原に先立ち家康に接近していたが、開戦直前、宴会中に加賀井重望に襲われ重傷を負いながらも返り討ちにした。おかげで本戦には参加できなかったが、息子が参戦し24万石に倍増した。
その後、隠居していたが息子が先に没すると幼い孫の後見役として復帰した。


天久院 ×
池田恒興の娘。山崎家盛に嫁ぐが、関ヶ原のおりに夫が池田輝政(天久院の兄)の妻(家康の娘)を石田三成からかくまうのに必死で、自分のことをないがしろにしたのに激怒し、離縁状を叩きつけて出家した。
その後、弟や輝政の城で世話になっていた時、乱心者が大勢を殺した。天久院が薙刀を手に立ちはだかると乱心者は恐れて逃げ出し、彼女はそれを追い真っ二つに切り伏せた。
さらにある時、下女が行方不明になる事件が頻発したため、天久院は下女に変装して犯人を待ち伏せした。
はたして現れた犯人は天久院を抱えてさらおうとしたが、彼女はブルドッキングヘッドロックで倒し(原文は「後ろ首と額をつかんで倒した」なので間違いなくブルドッキングヘッドロック)そのまま殴り殺した。犯人は巨大な化け猫だったという。


九鬼守隆 △
九鬼嘉隆の子。関ヶ原で東軍につくが、父は家名を残すため西軍に属し戦った。
戦後、守隆は軍功と引き換えに父の助命を頼もうとしたが、その前に父は家臣の勧めで切腹してしまい、激怒した守隆はその家臣の首をノコギリで斬り落とした。
その後、病弱な長男ではなく五男に跡を継がせようとしたため、反対する三男と衝突。幕府はお家騒動を幸いと九鬼家を転封処分とし、代々引き継いできた水軍も奪われた。


稲姫 ☆
本多忠勝の娘。真田信之に嫁ぐ。気丈かつ聡明で多くの逸話が残されている。
・子宝に恵まれないと自ら信之に側室を取るよう勧めた。
・関ヶ原に際し義父の真田昌幸が(おそらく人質に取ろうと)孫に会いたいと城に立ち寄ろうとすると、稲はそれを拒否し逆に昌幸の家臣らの家族を人質にとった。だがその後、稲のほうから子供をつれて会いに行き昌幸を感心させた。
・大坂の陣で二人の息子が無事に帰ると「本多家は男子が一人戦死したのだから、あなた達のどちらかが死んでいれば面子が立ったのに」と言い放った。

真田信之 ☆
真田昌幸の長男。真田幸村の兄。
「信濃の獅子」と呼ばれるほど勇猛で、徳川家康に見込まれ、本多忠勝の娘・稲姫をめとった。
関ヶ原に際して父・兄と敵味方に分かれ、訣別の意思を示すため信幸→信之に改名したという。
非常に長命で、お家騒動で2歳の孫が当主になったため93歳にして現役復帰した。(しかも同年に没した)
温厚だったというが、初対面の稲に頭をはたかれそうになって怒気を露わにたしなめたり、幸村らの抵抗で関ヶ原の本戦に間に合わなかった徳川秀忠に逆恨みされたため、反抗の意志を込めてか「家康から拝領した短刀」が入っているとして保管させた箱に、関ヶ原を前に石田三成との間で謀議を交わした書状を隠していた(なんと明治時代になってその事実が発覚した)りと、内には激しさを秘めていた。