家別キャラ(中部)

織田家

織田信長 柴田勝家 丹羽長秀 滝川一益 木下藤吉郎 明智光秀
前田利家 佐久間信盛 林秀貞 平手政秀 河尻秀隆 森可成
佐々成政 織田信忠 織田信雄 織田信孝 織田信包 織田有楽斎
織田信行 山内一豊 森長可 九鬼嘉隆 佐久間盛政 斎藤利三
森蘭丸 池田せん 沢彦宗恩

池田勝入 ◯
信長の乳兄弟で重臣。本能寺の変の後、秀吉に味方し明智光秀を討った。
小牧・長久手の戦いで家康軍に討たれた。

織田有楽斎 ◯
信長の弟。茶人として名高い。信長の死後は信雄、秀吉、家康に仕えうまく立ち回った。
関ヶ原の戦いで敵将を討ち取るなど腕っ節もある。

織田信勝(信行) ◯
信長の弟。信長と家督を争い敗死した。

織田信雄 ◎
信長の次男。戦国で一、二を争う凡愚とされる。
本能寺の変に際しては安土城をなぜか焼け落とし、秀吉の仇討ち戦にも加わらなかった。
織田家の実権も秀吉や弟の信孝に奪われるが、家康に接近しどうにか家名を存続させた。
織田一族の中で戦国を生き残った数少ない一人で、したたかな一面もある。

織田信孝 ◎
信長の三男。武勇に優れ、父と信忠の死後は織田家の筆頭格となる。
しかし柴田勝家とともに秀吉と戦うも敗れ、切腹させられた。

織田信忠 ◯
信長の嫡子。本能寺の変に際し二条城で戦死した。


織田信秀 △
信長の父。

河尻秀隆 ▲
織田家の家老。信長の嫡男・信忠の副将格として実質的に信忠軍団の指揮をとった。
武田家の滅亡後は甲斐を任されたが、信長が討たれると(家康に扇動された?)一揆や武田残党に襲われ殺された。
信長は信忠に「河尻を父だと思え」と言い含めるほど信頼していたという。

斎藤利三 ◯
明智光秀の腹心。光秀とともに討たれた。娘は春日局。

佐久間盛政 △
柴田勝家の腹心で猛将。勝家が討たれると捕らえられ、秀吉に降伏を勧められたが処刑を望んだ。


濃姫 ☆
斎藤道三の娘。信長に嫁ぐ。だが記録が極端に少なく、その後の消息は判然としない。
そもそも嫁いでおらず内縁の妻だったとか、道三が没するとすぐに離縁されたとか、本能寺で信長とともに死んだとか、本能寺の黒幕は
彼女だったとか諸説ある。

毛利新助 △
信長の側近。今川義元を討ち取った。本能寺の変で明智軍に討たれた。

弥助 ×
宣教師につれられ来日した黒人奴隷。信長に気に入られ側近となり、本能寺の変にも居合わせた。
その後の消息は不明だが、有馬家に大砲の技術に秀でた黒人の家臣がいた記述があり同一人物かもしれない。

津田信澄 △
織田信勝の子。若くして勇猛で知られた。
本能寺の変に際し、明智光秀の娘婿だったことから謀叛を疑われ殺された。
殺したのは信長の三男の織田信孝で、織田家でもナンバー5だった後継者争いのライバルをどさくさで排除したと見られる。

織田信包 △
織田信長の弟。信長・お市とは母が同じで厚く信頼された。
目立った活躍はないが織田家ではナンバー3の地位にあり、野心を持たなかったため豊臣政権でも重用された。


織田秀信 ◯(幼児時代だけでいいかも)
織田信長の長男・織田信忠の子。信長・信忠が本能寺の変で討たれると、羽柴秀吉は3歳の秀信を擁立し、後見人の地位に収まり織田家を実効支配した。
関ヶ原の戦いでは岐阜城を守り、前哨戦で東軍に敗れた。その5年後に26歳の若さで病死。信長に生き写しの容貌だったという。

池田元助 ×
池田恒興の長子。勇猛だったが長久手の戦いで徳川軍に敗れ父とともに戦死した。

斯波義銀(津川義近) ▲
将軍・足利家の分家で尾張の守護を務める名門だったが、尾張は勢力を拡大した織田家に牛耳られていた。
今川家と内応したとして追放されるが、信長の弟(信包)に娘を嫁がせるなどして返り咲き、正統な尾張守護として傀儡に使われた。その際に信長に遠慮し斯波の名を捨て津川義近に改名した。
その後、弟が織田信雄の重臣となったものの、信雄のご乱心で殺され、秀吉に仕える。
足利義昭・山名豊国らと名門御伽衆として活躍し、さらに斯波家の分家である最上義光らとの交渉に当たる。
だが北条氏直の助命を嘆願したところ秀吉に「増長している」と怒りを買い失脚。名門中の名門のため命こそ取られなかったが、政治的権力は失った。

織田信安 ×
尾張北部の守護。信長の幼なじみだったが、長じると斎藤義龍・織田信行らと結び信長と戦った。
だが長男を差し置いて次男に跡を継がせようとしたため長男によって追放され、流浪のうちに家も滅亡しやむなく斎藤家に仕えた。
斎藤家が滅びると京に逃れたが、信長から罪を許されて招かれ、後に安土城内の総見寺の住職となった。

織田信広 ×
信長の庶兄。一族の重鎮として活躍し、信長が出陣する際には留守居役を務めた。
後に斎藤義龍と結び、織田家の乗っ取りを企むが、信長に察知されて降伏。意外にも信長は赦免し、以降は忠誠を誓った。
織田家では年長者だったため一族のまとめ役となり、主に京で公家や足利義昭らとの交渉を担当した。
しかし長島一向一揆の鎮圧に出陣し、逃げる敵軍を追うも捨て身の反撃にあい戦死した。

織田信光 ×
信長の叔父。信長の家督相続に協力するも、信長(あるいは信長と対立する弟の織田信勝)によって暗殺された。
創作などでは信長の初期の理解者として描かれがち。

織田信友 ×
尾張の守護代で、織田家の本家に当たる。
織田信勝を擁立し信長に対抗するも敗北。傀儡としていた尾張守護の斯波義統を暗殺し兵力を吸収するが、斯波義統の息子は信長を頼る。「主君殺しの織田信友を討つ」という格好の大義名分を得た信長に攻撃され、織田信光によって討たれた。


蜂屋頼隆 △
斎藤道三とともに斎藤義龍と戦うも、敗北して織田家に流れ着いた。
その後は織田家の重鎮として軍事・政治にフル回転。主要な戦のほとんどに参戦しており、創作などではきわめて地味に描かれるが、織田家でも十指に入る重臣である。
信長の死後は仕えていた織田信孝から離れ秀吉に接近するなど時勢を見極める目も持っていたようだ。

坂井政尚 △
織田家。柴田勝家、森可成、蜂屋頼隆と並び称されるがきわめて無名。
織田軍の主力として戦うほか、四人で京都の奉行もしていた。
比叡山の焼き討ちの際に朝倉軍残党と戦い、孤立して戦死した。
その最期は「一騎当千の働き比類なし」と記されている。

四王天政実 △
父は明智光秀に仕えた重臣。政実も本能寺で森蘭丸を討ち取ったという。
光秀の敗死後は浪人していたが青木秀以(秀吉の縁戚)に拾われ橋奉行となる。
その後、秀以が亡くなると領地に赴任した結城秀康に仕え、やはり橋奉行を命じられ、四王天家はその後9代にわたり橋奉行を務めたという。

佐久間正勝 △
佐久間信盛の子。正確には佐久間信栄が正しいらしい。
父とともに信長に仕えたが突如として追放された。父の死後に赦免され織田信雄に仕えるも、小牧・長久手の戦いで留守中に居城を滝川一益に奪われ、戦下手を悟ったのか以降は戦場に一切出ていない。
信勝の改易後は秀吉、家康に茶人・御伽衆として仕えた。

柴田勝豊 ▲
柴田勝家の甥。子の無い勝家の養子となるが、同じ養子で年少の柴田勝政が厚遇されるのに不満を募らせ、賤ヶ岳の戦いの際に大谷吉継の調略で、治めていた長浜城ごと秀吉に寝返った。
だが重病に掛かっていた勝豊は間もなく28歳の若さで没した。

柴田勝政 ×
柴田勝家の甥。武勇に優れたため子の無い勝家の養子となる。だが彼がひいきされたことにより柴田勝豊の寝返りを招いた。
その後の消息は不明だが賤ヶ岳の戦いで脇坂安治に討ち取られたとも、秀吉に仕えたとも伝わる。

稲葉貞通 ×
稲葉一鉄の嫡子。賤ヶ岳の戦いでは秀吉方につくも、信長の息子(織田信孝)と戦うのを心苦しく思い、隠居して息子に家督を譲る。だがその息子が九州征伐の折に秀吉の怒りを買ったため再び当主の座に着いた。
以降は小田原征伐や朝鮮遠征で活躍。関ヶ原では最初は西軍につくも、東軍に寝返り奮戦したため加増された。

氏家行広 ▲
氏家卜全の次男。父・兄が亡くなると跡を継いだ。
関ヶ原では家康の会津征伐に従軍中、石田三成の挙兵を聞くと家康に断りを入れて帰国。中立を宣言したが戦いが足元まで及んできたため西軍として参戦。戦後に改易となった。
浪人していたが大坂の陣では荻野道喜と名乗り豊臣家に復帰。家康は行広を惜しみ投降を呼びかけたが無視して奮戦し、最期は豊臣秀頼らとともに自刃した。

竹中重門 ×
竹中半兵衛の嫡子。父の跡を継ぎ豊臣家で活躍した。
関ヶ原では最初は西軍に属したがすぐに城を家康に明け渡して降伏。幼なじみの黒田長政とともに最激戦区に投入され、戦後には小西行長を捕らえる金星を挙げた。
その後、大名にはなれなかったが、大名に準じる扱いを受けた。ちなみに関ヶ原は竹中家の領土にある。

斎藤長龍 ▲
斎藤道三の末子。正確には斎藤利治らしい。
信長に斎藤家の正統後継者として取り立てられ、織田軍の主要な戦のほとんどに参戦。後に織田信忠の家老となる。
秀吉への援軍として重病をおして進軍中、本能寺の変に遭遇。信忠とともに奮戦し、信忠の死を見届けると、同族で明智光秀の重臣・斎籐利三と戦い討ち死にした。

遠藤慶隆 △
はじめ斎藤家に仕えたが滅亡すると織田家に仕えた。織田軍の主要な戦の多くに参加している。
信長の死後は織田信孝に仕える。賤ヶ岳の戦いに際し秀吉軍に包囲され餓死寸前となるまで抵抗するも、信孝が降伏したため以降は豊臣家に仕える。
しかし数年後、この時の抵抗を口実に減封にあう。しかも新しい領地を得られず町人の家に間借りし、太閤検地に訪れた奉行に泣きついてようやく領地を得る有り様だった。
その後は織田秀信の傘下に置かれるも、関ヶ原では東軍につく好判断を見せ、ようやく安定を得た。
13歳で家督を継いで以来、笑えるほど苦労と困難に見舞われているのでぜひwikiなどで調べて欲しい。

山内千代 ▲
徳川政権下で土佐の大名となった山内一豊の妻。出自や本名は不明。
貧しかった頃に嫁入りの持参金で夫に馬を買ってやり、その馬が信長の目に止まり加増されたとか、髪を売って軍資金の足しにしたとか、様々な逸話が伝えられる。
子宝には恵まれず、甥の山内忠義が跡を継いだ。
司馬遼太郎の「功名が辻」で主人公に抜擢されたため夫の数倍は著名である。


蒲生賢秀 ▲
蒲生定秀の嫡子。父とともにいち早く信長に降った。
本能寺の変が起こると留守居役をしていた安土城から織田家の娘たちをつれて居城の日野城へ立てこもった。明智光秀からは莫大な恩賞で娘たちを引き渡すよう求められたが「信長の恩を忘れていない」と拒絶したため「日野の頑愚殿」と讃えられた。
一方で放棄した安土城は炎上→焼滅しており、職務放棄し居城に逃げ帰った臆病者という評価もある。

蒲生氏郷 ◎
蒲生賢秀の三男。蒲生家が信長に降伏した際に人質に出されたが、信長に大器を見込まれその娘婿となる。
以降は織田・豊臣家の主力として活躍。トップクラスの92万石に上ったが40歳で病死した。
政治手腕にも優れ、茶の湯では利休七哲に数えられ、話術も巧みな人格者、家臣思いの逸話が死ぬほど残されている完璧超人で、秀吉には頼りにされる一方で、決して敵に回してはいけないと最大限に警戒されていたという。