家別キャラ(中部)

斎藤家

斎藤道三 斎藤義龍 斎藤龍興 稲葉一鉄 氏家卜全 安藤守就

六角家

六角承禎

六角義治 △
六角義賢の嫡子。家督を継ぐと重臣を暗殺しお家騒動を勃発させた。足利義昭が三好三人衆に追われてきたのでかくまうが、官位につられて義昭を追放した。
信長包囲網に加わるが、気がついたら歴史の表舞台から姿を消した。
その後、豊臣秀次の弓矢の師範として復活。秀吉に御伽衆として仕えたが、御伽衆には足利義昭も名を連ねておりどんな会話を交わしたのか興味深い。

蒲生定秀 △
六角家の宿老。文武両道はもちろん、鉄砲鍛冶をいち早く招くなど先見性に優れた。
子供を重臣や付近の国人衆へ養子や嫁に送って独自の勢力を築き、六角家が衰えると主家をしのぐようになり、城を追われた六角義賢に金を貸し、きちんと返すよう求めた書状が残っている。
六角家が滅びる以前から信長に鞍替えし、息子や孫の蒲生氏郷ともども重用された。

三雲成持 ×
六角家。蒲生家と同様に六角家の家臣というより同盟者に近い権力を持っていた。
織田家に降伏し領地を失い、再起をかけて織田信雄に仕えるが信雄も秀吉に敗北。かつての盟友・蒲生家→徳川家へ移り息子の代で念願叶い旧領へ復帰した。
三雲家は甲賀五十三家の一つで、成持の甥が猿飛佐助のモデルになったという説もある。

朝倉家

朝倉義景 真柄兄弟

朝倉景健 △
朝倉義景の遠縁。姉川の戦いでは朝倉軍の総大将を務めた。坂本の戦いで森可成を討ち取るも、義景は一族の裏切りで自刃し、織田家に降伏した。
越前一向一揆が起こると抗しきれずに降伏。一揆の指揮官である七里頼照の首を手土産に帰参を図るも、信長に許されず切腹を命じられた。

朝倉景鏡 △
朝倉義景の従兄弟。義景と仲違いし、織田家と内通し義景を自刃させた。
その後は越前を統治するも一向一揆が起こり、包囲されると突撃して戦死した。

河合吉統 ×
朝倉家。筆頭家老で「一乗谷奉行人」と称され行政全般に関与したが、織田軍と戦い戦死した。
信長の野望では政治70武力28くらいでアイコンがかっこいい。

朝倉景隆 ×
朝倉景健の父。一族内での地位は高く、加賀一向一揆との戦いのさなかに朝倉宗滴が病死すると代わって指揮をとった。が、敗走した。
姉川の戦いを前に自分も息子も相次いで亡くなり、末子の景健だけが残った。


赤座直保 △
朝倉家。滅びると織田→豊臣に仕えた。
関ヶ原で朽木元綱らとともに寝返ったが、事前の約束が確認できなかったため所領を没収された。
その後は前田家に仕えるが、氾濫した川を検分中に落馬して溺死した。

浅井家

浅井長政 浅井久政 浅井亮政 浅井井頼 磯野員昌 遠藤直経
お市

赤尾清綱 ×
浅井家。海北・雨森と並び「浅井三将」と呼ばれる家柄で、城内に館を与えられるほど信頼されていた。
遠藤直経とともに浅井久政を追放し浅井長政を当主に据えたり、朝倉家との交渉を担当した。
浅井家の滅亡に際し切腹したが、嫡子は清綱の働きと忠義に感心した信長によって助命されたという。

海北綱親 △
浅井家。軍事を担当した。
秀吉を何度も苦戦させ「我が兵法の師」とまで言わせた。
浅井家の滅亡に際し戦死したと言われていたが、近年になってその40年前に戦死した記録が見つかり、同名の通称を使っていた息子だったという説が出てきている。
また五男に海北派を開いた絵師の海北友松がいる。

雨森弥兵衛 ×
浅井家。赤尾・海北と並ぶ重臣だが弥兵衛は雨森一族の誰のことか不明。
一族の雨森清次は兄が姉川の戦いで討ち死にし跡を継いだが、浅井家も滅亡したため降伏した。
この頃から同じ浅井家の阿閉貞征の麾下に入っており、当主の戦死で雨森家が没落していたと思われる。
その後、阿閉貞征は本能寺の変で明智光秀に加担し滅亡。雨森清次はそれを機に隠棲したが、息子は後に堀尾家に仕えている。


朽木元綱 ▲
浅井家。信長が浅井長政の裏切りで窮地に立たされた時、松永久秀の説得で織田家に寝返った。
関ヶ原では西軍に属したが、小早川秀秋が寝返るとそれに呼応し逆転勝利のきっかけとなった。
しかし事前の約束が確認できなかったため減封された。


小川祐忠 △
浅井家。滅びると信長に仕えたが本能寺の変では明智方についた。その後は柴田勝豊に、勝豊が秀吉に寝返ると豊臣家に仕えた。
勇猛で教養高かったため伊予7万石にまで出世したが、関ヶ原で朽木元綱らと寝返った時に事前の約束が確認できなかったため(他にも悪政を布いていたため、息子が石田三成の親友だったため、と言われる)所領を没収された。
その後は隠居したとも農民になったともされる。
ちなみにその息子はくじけずに豪商となり、子孫は大岡越前でおなじみ小石川養生所を造るなど武士から転げ落ちても不屈の闘志を見せている。

一色家

一色義道 ×
丹後の大名。かつては室町幕府の四傑に数えられた名家だがこの頃には没落していた。
義道は足利義昭に接近して信長に通じ勢力の盛り返しを図ったが、比叡山の焼き討ち後に僧侶をかくまったため織田軍に攻められ、逃げる途中に部下の裏切りにあい殺された。
悪政を敷いていたため、人望がなく次々と部下の離反を招いたという。

一色義定 △
一色義道の子。父から死の間際に家督を譲られた。一色家を攻めた明智光秀・細川藤孝は勇猛な義定に手を焼き、藤孝の娘(伊弥)と結婚させ和睦を結んだ。
その後は名目上の丹後守護として藤孝の指揮下で戦うが、本能寺の変後には光秀方につき敗北。(藤孝は光秀に従わなかった)
戦後、秀吉に謀叛の嫌疑をかけられ、細川軍に攻められ自害した。

若狭武田家

武田元明 ▲
若狭の大名。応仁の乱では東軍の副将を務めたほどの名家だったが、勢力は著しく衰退していた。
元明も朝倉家によって越前に拉致られ、若狭を実質的に支配された。
やがて織田家の援助を得た旧臣によって奪回されるものの、今度は丹羽長秀が元明に代わって若狭を実効支配した。
本能寺の変に際し、元明は明智光秀に連動して蜂起し、いったんは丹羽長秀の居城を陥落させたものの、光秀が間もなく敗死したため孤立無援となり、長秀によって謀殺(または切腹)された。

北畠家

北畠具教

北畠具房 ×
北畠具教の子。信長に降伏するとまだ23歳なのに、12歳の織田信雄を養子にさせられ家を乗っ取られた。
父が暗殺されると3年間幽閉され、釈放された翌年に死去。馬にも乗れないほどの肥満体で「大腹御所の餅喰らい(モチでも食ってろデブ)」と呼ばれていた不摂生の身に3年の幽閉生活は酷だったのか。

北畠具親 △
北畠具教の弟。兄が暗殺されると興福寺の院主という地位を捨て、北畠家の残党を集めて蜂起。敗れて毛利家を頼った。
本能寺の変が起こると再び伊勢に戻り蜂起するがまたも敗北。蒲生家に拾われるが間もなく没した。
還俗してすぐに伊賀へ入り、二度目の蜂起に敗れた後も伊賀に戻っており、復讐のため忍術修行をしていたと考えると熱い。

木造具政 △
北畠具教の弟。分家の木造家を継いだ。信長が攻めてくるといち早く降伏し、北畠家を乗っ取った織田信雄の家老となる。
小牧・長久手の戦いで敗れた信雄が秀吉に降伏すると、信雄を見限ったのか城を去り、そのまま消息を絶つ。

神戸具盛 △
伊勢の国人衆。意欲的に勢力拡大に励み、一度は信長軍を撃退したが、敵わずと見るや織田信孝を養子に迎えた。
だが信孝を冷遇したため信長の怒りを買い幽閉→一族と重臣を処刑された。
釈放され、信孝も死ぬとその後釜に信孝の妻を嫁がせ、したたかに神戸家を存続させた。

奥山常陸介 ×
北畠家。信長に降伏後、北畠具教の暗殺を命じられるが仮病を使い逃げだし、そのまま出家した。
武将風雲録にのみ登場し、知力20武力40くらいの最低クラスのパラメーターを誇る。

関盛信 △
伊勢の国人衆。一族の神戸家らが信長に降伏する中、最後まで抵抗を続けた。
降伏後は織田信孝に仕えるが、神戸具盛と同じく信孝を冷遇したため仲良く幽閉された。
釈放されると蒲生家に仕え、滝川一益に奪われた居城を奪回するなど活躍。与力大名にまで出世した。

鳥屋尾満栄 △
北畠家の宿老。代官を務めるなど知勇兼備で忠誠心に厚い隠れた名将。
北畠具教が暗殺されると、幽閉されていた北畠具房の妻子を救出。北畠具親とともに残党を指揮するが信長軍に敗死した。