家別キャラ(近畿~四国)

長宗我部家

長宗我部盛親 ◎
長宗我部元親の四男。長兄の信親が仙石秀久の失策で戦死すると、年少だったが父に指名されて家督を継いだ。
関ヶ原の戦いでは東軍につこうとしたが石田三成の息がかかった長束正家に道を阻まれてやむなく西軍に参加。
しかし長束は家康にも通じていたため、長宗我部軍の前に布陣したまま動かず、何もできないまま敗北し、盛親は浪人となった。
家康からは危険分子として監視されていたが、大坂夏の陣で豊臣方に参加し、多くの戦果を上げる。
だが落城すると捕らえられ「首と右手さえあれば家康を殺すチャンスがある」「出家するから命だけは助けろ」と殺る気満々だったため処刑された。


香宗我部親泰 ▲
長宗我部元親の弟。副将格で軍事・外交とあらゆる面に長じた。
だが朝鮮征伐の途上で息子ともども病死。以降は元親に諫言できる者がいなくなり、長宗我部家の滅亡の遠因となった。

長宗我部信親 ◎
長宗我部元親の嫡子。父譲りのイケメンかつ長身かつ勇猛で、信長に「養子に迎えたい」とまで言わしめ、「信」の一文字を譲り受けるほどだった。
だが九州征伐で功に逸った仙石秀久が無謀な策を打ち出すと、「これで敗北は決まったが、逃げ出しては恥となる。死んで名誉を残そう」と奮戦し、わずか22歳で戦死した。
以降、悲嘆に暮れる元親は著しく判断の衰えを見せ、長宗我部家は没落の道をたどることとなった。

吉良親貞 △
長宗我部元親の弟。父からは兄よりも期待されていた。
元親の命で吉良家を継ぐ。元親に代わって総大将を任されることもあるほど勇猛だったが、若くして亡くなった。

谷忠澄 ◎
長宗我部家の重臣。神主だったが元親に見出され、外交を担当した。
織田・徳川家との同盟をとりつけ長宗我部家の四国統一に貢献するが、秀吉は四国征伐を決意。いったんは阿波・讃岐の割譲で講和にこぎつけるものの、やはり秀吉軍に攻められてしまう。
敗退した忠澄は、元親に兵力差を説いて降伏を促すが、元親は激怒して忠澄に切腹を申し渡した。
だが忠澄は死を恐れずにさらに説得を続け、ついには降伏を承知させた。
その後、忠澄は長宗我部信親(元親の嫡子)とともに秀吉の九州征伐に従軍するが、仙石秀久の失策で信親は島津軍に討ち取られてしまう。
忠澄は命を賭して島津軍のもとへ信親の遺体の受け渡しを申し入れ、無事に遺体を取り戻した。

福留儀重 △
長宗我部家。土佐の童謡で「蛇もマムシもそこをどけ」と謳われた猛将。
禁酒令を破った主君を諌めるなど豪胆だったが、長宗我部信親とともに戦死した。

久武親直 ◯
長宗我部家。重臣だった兄が戦死すると重用されたが、その兄は「私がもし戦死しても決して親直を取り立てないように」と言い残していた。
長宗我部信親が戦死し後継者問題が起こると、親直は長宗我部盛親を推薦し、反対派を次々と粛清させた。
ついには盛親の兄までも暗殺させるに及び、お家騒動を招いたとして家康の怒りを買い、追放処分&長宗我部家は改易となった。
親直は奸臣として誰からも忌み嫌われるも、加藤清正に拾われたという。

吉良親実 △
吉良親貞の子。お家騒動の折に長宗我部盛親の後継に反対したため久武親直の讒言で切腹させられた。
後に彼とともに殉死した七人の家臣が怨霊となって甦ったのが、有名な妖怪「七人みさき」である。
なお皮肉なことに子孫は久武親直と同じく加藤家に仕えている。

依岡左京 ▲
長宗我部家。もともとは一条家に仕えたが、一条兼定を隠居させた老臣らに激怒し、老臣を討ち果たして長宗我部家に降った。
本能寺の変の際には隠密として京に潜伏しており、信長暗殺の報をいち早く元親に届けた。
秀吉の四国征伐では、講和の交渉中に根来の僧兵に秀吉暗殺を持ちかけたという。
その後、九州征伐で長宗我部信親とともに戦死。事績がどれもこれも劇的すぎて、かなり創作が混じっている気がする。

河野家

河野通直 ×
伊予の大名。河野家の最後の当主。
跡を継いだ頃にはすでに河野家は衰退しており、なすすべもなかった。
秀吉の四国征伐に際し籠城したが敵うはずもなく、自ら先頭に立ち城内の子供たちの助命を嘆願した。この逸話は城の石碑に現在も残されている。
人格に優れ、24歳に没したがその他にも多くの美談を持つが、祖父も同姓同名で事績がややこしい。

来島通康 ×
村上(来島)水軍の頭領。河野通直(孫の方)の父。多くの作品で来島姓で登場するが実際には村上通康。
河野通直(祖父の方)の家督相続を助け、政治・軍事全面で支えた。
厳島の戦いでは毛利家に援軍として赴き活躍し、その時の恩から毛利元就は河野家と同盟を結び、さらに通康の娘を息子にめとらせた。そうして産まれた子が毛利秀元である。

来島通総 △
来島水軍の頭領。四男だったが母が主家である河野家の娘だったため家督を継いだ。
いち早く秀吉方についたため、本家から追われる身となったが、秀吉からは出身地にちなんで「来島」と親しく呼びかけられ、姓も村上→来島に改めた。
数々の戦で水軍を率い活躍したが、朝鮮出兵で討ち死にした。