家別キャラ(中国~九州)

宇喜多家

宇喜多直家 明石全登

宇喜多秀家 ◎
宇喜多家の当主。秀吉の娘婿。父はミスター暗殺魔の宇喜多直家。
若くして豊臣家の重臣となるが関ヶ原の戦いで敗れ八丈島に流罪となった。
2ちゃんのスレで「宇喜多秀家がいれば大坂の陣で豊臣家が勝てた」説が流れた際に「八丈島から泳いで参った」のAAが作られ一気に泳ぐ人としてネタキャラ化した。あと肖像画がやけにイケメン。


宇喜多忠家 △
宇喜多直家の弟。副将格として兄を支えたが、暗殺魔の兄を警戒し、近づくときにはくさりかたびらを着込んだという。
兄が没すると幼い宇喜多秀家を後見したが、お家騒動を逃れて出家し隠居した。
なお息子は坂崎直盛、娘は戦国裏最強の富田信高夫人である。

坂崎直盛(宇喜多詮家) ▲
宇喜多忠家の子。宇喜多秀家と対立し徳川家に仕える。関ヶ原で軍功があり大名に昇進、家康から坂崎姓を賜る。
大坂夏の陣にて、家康の「千姫(豊臣秀頼の妻。家康の孫娘)を助けた者に千姫を与える」のおふれに発奮し、燃え落ちる城内から千姫を救出した。
しかし千姫は醜男に加えて火傷を負った直盛を嫌い、家康もまた家名の低さに難色を示し、千姫は本多忠刻(千姫が一目惚れしたイケメン)に嫁ぐことに。
激怒した直盛は千姫強奪計画を企み、家臣に暗殺されたとも、柳生宗矩に説得され自害したともされる。

花房正成 ◯
宇喜多家。勇猛で28歳の若さで宇喜多軍を率い、秀吉のもとで戦った。備中高松城の水攻めを献策したのも正成とされる。
だが宇喜多秀家に疎まれて宇喜多家を退去。しかし忠誠心はいささかも衰えず、関ヶ原で宇喜多家が滅亡すると、再興のために奔走し、八丈島に流された秀家を援助した。
前田家からは仕官の話もあったが、宇喜多家のためにそれを固辞したという。
その後は家康に召し抱えられ旗本となるも、「花房家が続く限り宇喜多家を助けよ」と遺言している。

戸川秀安 △
宇喜多三老の筆頭。宇喜多直家に最も信頼され、直家の晩年には代わって政務を取り仕切った。
直家の死後に隠居した。なお秀安の秀は豊臣秀吉から拝領したものである。

長船貞親 △
宇喜多三老の一人。武勇に優れ自ら首級を挙げたり、黒田官兵衛に勝利したこともある。
戸川秀安の隠居後は政務を任され、幼い宇喜多秀家の名代として出陣するほどだったが、妹婿に恨まれ暗殺された。

岡家利 △
宇喜多三老の一人。各媒体に岡利勝の名で登場することも多いが正確には家利。
出陣すること40度の剛勇を誇った他、長船貞親が亡くなると宇喜多家の政務を取り仕切った文武両道の将。
だが信長の野望では政治50・戦闘50に設定されがち。

戸川達安 ▲
宇喜多家。戸川秀安の子。小早川隆景を破るなど勇猛で宇喜多家の主力だった。
隠居した父をはじめ宇喜多三老が全員いなくなると国政を任された。
だが宇喜多秀家に疎まれて徳川家に去った。戸川家の文書によると関ヶ原で島左近を討ち取ったという。

前田豪 △
前田利家の娘。子供のいない秀吉へ養女に出される。秀吉は「男ならば関白にしてやれた」と言うほどかわいがり、難産に苦しむ原因が狐のたたりだと聞くと、伏見稲荷に「豪から出ていかなければ日本中の狐を殺す」と恫喝の手紙を送りつけたという。
15歳で宇喜多秀家に嫁ぐが、関ヶ原の敗戦後、秀家は東軍に追われ島津家にかくまわれる。豪は秀家が亡くなったと偽るも、徳川家に降伏した島津家は秀家を差し出してしまい、息子とともに八丈島へ流罪となった。
まだ二十代の豪は前田家に戻されたが独身を貫き、秀家への援助を続けたという。
また末娘は誕生日から逆算すると秀家の逃亡中にどこかで会った際に身ごもったとしか考えられず、仲睦まじさがうかがえる。

赤松家

赤松義祐 △
播磨の大名。隠居後も権力を振るっていた父を追放し実権を奪った。
父は娘婿の赤松政秀を擁立し激しく争ったが、父の死で和解した。
だが政秀の野心は消えておらず、足利義昭を通じて信長を動かし、義祐を攻撃させる。
窮地に陥ったが、まだ畿内まで勢力を伸ばす余力のない織田軍が撤退すると、義祐は一転して織田家に臣従し、その援軍を得て政秀を破った。その後の赤松家は秀吉に降伏し、勢力拡大にあわせ自然と権力は消滅していった。

赤松則房 ▲
赤松義祐の子。勢力は秀吉に自然吸収されたものの、播磨の守護として秀吉に敬意を払われた。
豊臣軍として重要な戦のことごとくに参加し、播磨・阿波に石高を与えられたが、事績が極端に少なく、創作などで便利に扱われがち。

別所家

別所長治 ▲
東播磨の大名。早くから織田家に臣従していたが、秀吉が中国方面の司令となると、当時21歳の長治は若さにはやってか成り上がりの秀吉に反発し、謀叛を起こした。
波多野秀治・荒木村重・毛利輝元と連携し一時は優勢に戦うも、竹中半兵衛による「三木の干殺し」によって2年間の籠城を強いられた末、城兵の助命と引き換えに切腹した。享年23。

小寺家

黒田職隆 △
小寺家。官兵衛の父。隠居していたが、離反した荒木村重の説得に赴いた官兵衛が幽閉されると、当主に復帰した。
主家の小寺家も荒木方についたが、職隆は織田方につくことを選んだ。その後、小寺家が滅亡すると当主の息子を密かにかくまい養育し、長じると黒田家に仕えさせた。
城下に長屋を建てて行商人や下級武士を集め情報収集したり、官兵衛のピンチに出撃して救出したりと、息子に劣らず知勇兼備だった。

三村家

三村家親 ×
備中の大名。勢力拡大に熱心で、尼子方が多い備中の国人衆で初めて毛利家を頼った。家親は勇猛で知られたため、その一報を聞いた毛利元就は「これで備中は手に入った」と喜んだという。
期待通りに備中を統一すると備前、美作へと勢力を伸ばし宇喜多直家を相手に優勢だったが、直家に暗殺者を差し向けられ、射殺された。
鉄砲で暗殺された戦国初の人物かもしれない。

三村元親 ×
家親の子。父が暗殺されると跡を継ぐが宇喜多家に連戦連敗。
そして毛利家が宇喜多家と同盟すると反発して毛利方から離反した。
すかさず毛利軍の侵攻を受けまたも連戦連敗し、追い詰められて最期は切腹を申し出た。

鶴姫 ×
上野隆徳の妻。三村元親の妹。
毛利・宇喜多連合軍に敗れ三村元親は自刃し、上野隆徳の居城も毛利軍に囲まれた。
そのさなか、鶴姫は数十人の侍女とともに出撃し、包囲の一角を破った。
乃美宗勝を見つけると一騎打ちを挑んだが、宗勝は「女にふるう刃はない」と固辞。鶴姫は家宝の名刀を託すと城に戻り夫ともに自害したという。
戦国BASARAの鶴姫は、彼女とその数十年前に活躍した瀬戸内のジャンヌ・ダルクのほうの鶴姫の設定をミックスして造られたと思われる。

浦上家

浦上政宗 ×
備前の大名。父の仇の赤松家と争っていたが(といっても浦上家は赤松家の当主を暗殺し下克上しており報復を受けた形)尼子家が侵攻してくると手を結び抵抗。いったん敗れて堺へまで逃れたものの、旧領を奪い返し、政宗は赤松家の筆頭家老となる。
だが尼子家と同盟しようとしたため弟の浦上宗景らの反発を招き、尼子晴久が没すると孤立。赤松家の当主を追放して復権を図るも、息子の結婚式のさなか、追放した赤松家当主の娘婿に襲撃され戦死。何かとドラマティックな人生だった。

浦上宗景 ×
浦上政宗の弟。尼子家と同盟した兄と対立し、毛利家を頼り独立勢力を築く。
しかし毛利家からも独立色を強め、さらに家臣の宇喜多直家が離反し孤立。
播磨へ追放され数年は抵抗を続け、一度は居城を奪回したものの、鎮圧された。その後は黒田家に仕えたらしい。

尼子家

尼子晴久 尼子経久 山中鹿之介

山中鹿之介 △
毛利に滅ぼされた尼子家の旧臣。信長の援助を得て一瞬、尼子家を再興させるも見捨てられてまた滅亡した。
この逸話から「尼子十勇士」というパチモンが作られた。また彼の「願わくば七難八苦を与えたまえ」のセリフがドラえもんで取り上げられたこともちょっと有名。


尼子晴久 ×
出雲の大名。尼子経久の子。旧名は尼子詮久。
謀将とうたわれた父の跡を継ぐが、父の反対を押し切った毛利攻めで大敗。一気に国力を傾けたが、巧みな内政戦術や地盤固めで盛り返し、徐々に失地を回復した。
しかし脳溢血で47歳で急死。以降の尼子家は滅亡へと突き進む。

尼子義久 ▲
尼子晴久の子。父が急死し21歳で跡を継いだ。父が地盤固めのため大半の一族や国人衆を粛清しており、いきなり窮地に立たされる。
義久は父の死を隠したが毛利元就はそれを察知すると、争っていた石見への不干渉を提案。義久が喜んで応じると、元就はその隙に石見に駐屯していた尼子家臣を次々と調略。さらに出雲へ攻め込むと尼子家に不満を抱いていた国人衆らが続々と毛利家に寝返り戦線が崩壊。
義久は降伏し、毛利家の客分として1610年まで生きた。

尼子勝久 ▲
尼子一族。父が尼子晴久に粛清されたため出家した。尼子家が滅びると山中鹿之介らによって担ぎ出され、お家再興を狙うが毛利軍に敗北。以降は秀吉に仕える。
しかし秀吉軍の主力が前線に出ている間に毛利の大軍に包囲されると、秀吉の撤退勧告を無視して籠城を続け、降伏後に自害した。
その際には山中鹿之介らに「僧侶だった私を大将にしてくれてありがとう」と感謝したと伝承される。

大内家

大内義隆 大内義長 陶晴賢